電子絵本サービス『PIBO(ピーボ)』を正式リリースプロ作家の絵本が月額315円で読み放題

@Press / 2013年9月3日 10時0分

子供が直感的に絵本を選べるデザインです。
 株式会社エバーセンス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:牧野 哲也)は2013年9月1日より、月額315円でプロ作家の絵本が読み放題の電子絵本サービス『PIBO(ピーボ)』( http://pibo.jp/ )を正式リリースいたしました。PIBO(ピーボ)は、子供たちからも人気のプロ作家71名(*)の絵本128作品が読み放題、読み聞かせのための絵本サイトです。


■「絵本の読み聞かせ」を、もっと簡単に、いつでも、どこでも
 幼児期の親子コミュニケーションは、その後の子供の成長に大きな影響を与えます。特に、絵本の読み聞かせは、言葉の力、感じる力などの知能の発達に加え、子供の自己肯定感が高まる重要な機会と言われています。しかし、実際は「忙しくて、図書館に行けない」「値段が高くて、たくさん買えない」「かさばって、たくさんは家に置けない、持ち運べない」などの理由から、読み聞かせを十分に行えていないという声も多く聞きます。


 PIBO(ピーボ)は、プロ作家による良質な絵本をインターネット上に集め、読み放題で提供するサービスです。読み聞かせを阻む、時間的・金銭的・空間的な障壁を取り除くことで、絵本の読み聞かせをより身近で手軽なものにします。ボタンを押すだけで、その場が、絵本であふれる図書館になるような世界観を実現し、親子のコミュニケーションが、より豊かなものになることを目指しています。


■PIBO(ピーボ)について  http://pibo.jp/
・月額315円で、絵本が読み放題。PC/タブレット/スマートフォンなど
 マルチデバイス対応で、インターネットブラウザから接続可能です。

・プロ作家によるオリジナル作品や日本・外国の昔話を中心に、128作品を
 掲載中です。毎週新作を追加(**)し、2014年度内に400作品掲載を
 目指しています。

・お気に入りの絵本を登録できる「本棚機能」、読んだ絵本の傾向から
 おすすめを表示する「おすすめ機能」、何を何回読んだかという履歴から
 お子さまの好みがわかる「閲覧履歴」、テーマなどから絵本を探せる
 「検索機能」などがあります。

・iOS/Androidアプリも開発中、年内リリース予定です。

・1週間無料でご利用いただけるお試し期間を設けています。


■株式会社エバーセンスについて  http://eversense.co.jp
「親子のコミュニケーションを、もっと豊かに。」を企業ミッションに、
サービスを企画、開発、運営しています。

社名 :株式会社エバーセンス
所在地:東京都中央区日本橋中洲5-1-523
設立 :2013年1月23日
資本金:1,175万円
代表者:代表取締役社長 牧野 哲也


(*)2013年9月1日現在。今後も順次、増えていく予定です。
(**)作家体調不良、その他都合により新作をお届けできない週もあります。
本リリースに記載の事項は発表日時点での最新情報となります。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

全128作品!続々新作を追加していきます。プロ作家による良質なコンテンツを揃えています。

@Press

トピックスRSS

ランキング