分析機器・科学機器の最新情報を発信 「JASIS 2013」を9月4日~9月6日まで幕張メッセにて開催

@Press / 2013年9月4日 11時0分

会場風景(昨年度)
一般社団法人日本分析機器工業会(所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-12-3、会長:服部 重彦 / 株式会社島津製作所 代表取締役会長)と一般社団法人日本科学機器協会(所在地:〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-8-5、会長:矢澤 英人 / 株式会社ダルトン 代表取締役社長)は、次のとおりJASIS 2013を開催します。


<JASIS 2013開催概要>
会期  :平成25年9月4日(水)~6日(金) 3日間
     コンファレンスは9月3日(火)~6日(金)
開催時間:10:00~17:00
会場  :幕張メッセ国際展示場 〒261-0023 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1


キャッチフレーズは昨年に引き続き「未来発見。」(Discover the Future.)とし、JASISは分析機器・科学機器におけるアジア最大級の展示会として、「イノベーションを生み出し、将来のビジネス発展につながる発見の場となる」ことを目指しています。

展示会場は、国際展示場5~8ホールの4ホールを使用して開催します。コンファレンス、セミナーや新技術説明会は、幕張メッセ国際会議場、ホテルニューオータニ幕張、アパホテル&リゾート<東京ベイ幕張>にて開催します。出展規模は、昨年と同様の規模(446社1,359小間)で、来場者は3万人を見込んでいます。海外からは、米国、英国、中国、韓国をはじめとして、15ヶ国から出展いただきます。併催の「新技術説明会」は、昨年の337テーマを上回り、過去最高の100社、343テーマのお申込みをいただいております。
http://www.jasis.jp/2013/index.html


<サイエンスセミナー>(9月5日(木)13時~ (ホテルニューオータニ幕張))
「細胞」をテーマに日本医科大学の太田 成男先生にご講演いただきます。
・「細胞は若返る -人体の不思議をミトコンドリアが解き明かす。-」
日本医科大学教授 太田 成男 先生
http://www.jasis.jp/2013/seminar/science.html


<日本薬局方セミナー>(9月6日(金)14時~ (幕張メッセ国際会議場))
「日本薬局方の第17改正に向けた最近の動き」をテーマにご講演いただきます。
・「NMR(核磁気共鳴法)を利用した定量技術と日本薬局方試薬への応用」
国立医薬品食品衛生研究所 杉本 直樹先生
・「理化学試験法委員会の最新動向」
(独)医薬品医療機器総合機構 四方田 千佳子先生
http://www.jasis.jp/2013/seminar/pharmacopoeia.html


<JASISコンファレンス・セミナー>
展示会併催のJASISコンファレンスは、昨年を上回る24団体48セッション(昨年19団体40セッション)の過去最大の規模で開催します。会期は展示会より1日早くスタートし、9月3日から4日間開催します。国際コンファレンスセッションとして、U.S.シンポジウム、英国王立化学会(RSC)東京国際コンファレンス、中国フォーラム、韓国フォーラム、韓国シンポジウム、International Technical Forumなど、充実したプログラムを展開します。このうち、特別企画のメディカルイノベーションゾーンとの連携プログラムとして、中国フォーラム、International Technical Forumなどが開催されます。また、毎年好評のJAIMAセミナー(全10講座)、JAIMAフォーラム「分析機器と計量標準」、JAIMAシンポジウム「分析産業の直面する課題と将来展望」調査内容報告、日科協セミナーなど、盛りだくさんの内容です。
開催概要   : http://www.jasis.jp/2013/seminar/jasis.html
プログラム一覧: http://www.jasis.jp/2013/seminar/jasis-program.html


<【特別企画】メディカルイノベーションゾーン:
分析市場から先端診断市場へのビジネス展開を考える特別企画>
 近年、遺伝子解析、蛋白質マーカー探索、代謝マーカー探索、細胞研究などは、各種分析計測関連技術の進歩により飛躍的に発展しています。一方、医療市場ではテーラーメード医療の実現化が進んでおり、未病健康産業を含む新産業市場として先端機器、試薬、ソフトおよび作業環境を変革する新しい製品開発が急務とされています。今回、分析市場から先端診断市場へのビジネス展開を考える特別企画として、「メディカルイノベーションゾーン」を展示会場内に新設しました。本企画は、経済産業省他、多方面の有識者の方々による基調講演、パネルディスカッションや、参加企業25社によるアライアンスプレゼンテーション、ポスター展示、パートナリング面談コーナーから構成されます。日本発の新しい分析テクニックおよびアプリケーションの創生、並びに国内外への普及に向けた「想定される問題点や解決策を討議できる場」として、積極的な交流の場となるよう期待しています。JASISコンファレンスにおきましても、第一線でご活躍の海外招待講演者をお招きします。
http://www.jasis.jp/2013/exhibitors/spm-keynote.html


<第2回分析機器・科学機器遺産認定>
昨年に続いて2回目となる分析機器・科学機器遺産認定を開催します。今回は一般からも応募いただきました。9月4日初日に認定証授与式を開催。会場内に特設コーナーを設置し、認定遺産(実機、パネルなど)を展示いたします。
http://www.jasis.jp/2013/information/heritage.html


<“マイナビ”とのコラボで学生の業界研究をサポート>
“マイナビ”とのコラボレーションにより、理系学生向けに展示会見学をサポートするラウンジを新設します。学生の皆さんに分析機器・科学機器業界に興味を持っていただくための業界研究企画です。(展示会場・7ホールラウンジ)(協力:マイナビ)
http://www.jasis.jp/2013/information/student.html


<科学実験・工作教室>
科学実験・工作教室「“はかる”のヒ・ミ・ツ」を9月6日(金)にイベントスクエアで実施する予定です。「はかる」について、いろいろな単位(国際単位)を視点にした解説、光の単位をテーマにした実験や磁気の単位をテーマにした工作を行います。(協力:科学技術館)
http://www.jasis.jp/2013/information/event-sq-env.html


<来場者利便ほか>
・国際コンファレンスでは来場者に配慮し、同時通訳のセッションを増やしています。また、会場内も各種表示を英語併記とするなど、国際化に向けて、環境を整えつつあります。
・「科学・分析機器総覧 2013」(印刷版、CD-ROM版)、「分析機器の手引き」などを会場内特設コーナーで無料配布します(数量限定)。
http://www.jasis.jp/2013/information/directory.html
・近年利用者が急増しているスマートフォンなどのモバイルを積極的に活用し、JASIS展示会専用のアプリを開発いたしました。展示会見学の際のマップ機能やスケジュール機能など来場者にとってたいへん便利なツールとなっております。
http://www.jasis.jp/2013/topics/app.html
・会期中、「幕張本郷駅(海浜幕張駅経由)と会場を結ぶ無料シャトルバス」と「つくばからの無料バス」を運行しています。
http://www.jasis.jp/2013/access/index.html

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング