クラウド型マルウェア対策ソリューション「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」販売開始のお知らせ

@Press / 2013年9月3日 10時0分

ご利用イメージ
NECキャピタルソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安中 正弘、以下「当社」)は、ICT関連ビジネスにおける事業戦略の一環としてICT(情報通信技術)資産に関わるBPO型クラウドサービス(注1)の強化を行っています。

当社は、エンドポイント(注2)向けのセキュリティーソリューションを強化するべく、2013年9月3日からクラウド型マルウェア※対策ソリューション「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」を法人向けに販売開始します。本サービスは、アンチマルウェア製品を中心としたセキュリティーソリューションカンパニーであるウェブルート株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤 誉三、以下「ウェブルート」)との協業で実現したもので、ウェブルートの企業向けエンドポイントセキュリティー製品「Webroot(R) SecureAnywhere(TM) Business - エンドポイント プロテクション」(以下「SecureAnywhere(TM) Business」)を利用したサービスです。
また、これを記念して2013年9月3日より2013年10月31日まで初回申込から3ヶ月間無償でご利用いただけるモニターキャンペーンを行いますので、併せてお知らせいたします。

※マルウェア…コンピュータウィルスなど不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称


米国に本拠を持つWebroot Inc.は、すでに世界市場においてセキュリティーマネージドサービスを展開しており、多くの企業への導入実績があります。当社はウェブルートとの協業により、このたび日本で初めて月額課金によるSecureAnywhere(TM) Businessのマネージドサービスをリリースします。


SecureAnywhere(TM) Businessは、企業向け次世代マルウェア対策ソリューションで、その設計思想は他社製品とは大きく異なります。さまざまな脅威や、ゼロデイアタック(注3)に代表される未知の攻撃からエンドポイントを保護するべく、フル・クラウドベースの先進的なファイル形式や行動認識テクノロジー等の技術を採用しています。また、エージェントプログラムは軽量化されているため、ユーザーはエンドポイントのパフォーマンスを損なうことなく利用できます。
さらに「PIT-マネージドエンドポイントプロテクション」では、各エンドポイントへのセキュリティーポリシー設定や正規ソフトウェアの誤検知対応、マルウェア等の脅威検出有無のメール配信などを当社サービスデスクが実施します。これにより、お客様は専任の管理者ならびに運用インフラを配備することなく安心してご利用いただくことができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング