日本ブレケケ、音声の暗号化に対応した『Brekeke PBX』バージョン3.2の提供を開始

@Press / 2013年9月5日 10時0分

株式会社 日本ブレケケ(本社:東京都豊島区、代表取締役:山出 晋)は、SIPセキュリティー機能強化と音声データ暗号化に対応した『Brekeke PBX』の最新バージョン3.2を9月2日より提供開始しました。


■開発の背景
Brekeke PBXは、企業用のPBXとしてだけでなく、クラウド・サービスのプラットフォームとして利用されています。スマートフォンの内線化、FMCでの利用が増えており、Wi-Fiホットスポットなど、第三者にネットワークを傍受される危険性のある環境に対する懸念の高まりから、通話に対するセキュリティーの強化が待たれていました。今回のバージョンアップにより、音声の暗号化(SRTP)に対応したことで、通話内容の傍受を防ぐことができます。


■バージョン3.2で強化された機能
・音声の暗号化対応
暗号化対応のIP電話機やソフトフォンとセットで利用する場合に音声データが暗号化されます。パケットをキャプチャーして盗聴しようとしても、会話内容を聞くことはできません。

・SIPアタックへの対応を強化
セキュリティポリシィの設定により、SIPアタック防止、パスワードミスの回数制限など複数の制限機能を組み合わせてセキュリティー設定が出来ます。

・WebSocketインターフェイスによる開発者向けAPIを追加

・マルチライン電話機の対応機種追加
パナソニック社IP電話機KX-UT136が利用可能になりました。ライン保留・転送が出来ます。


■想定される利用シーン
・VPN専用ラインを必要としない安価でセキュリティーの高いクラウドサービス
・スマートフォン内線化の盗聴対策
・SIPアタックに対するセキュリティー強化
・インターネット環境からのセキュアなスマホ内線接続


■会社概要
商号  : 株式会社 日本ブレケケ(英語名:Brekeke Japan, Inc.)
設立  : 1999年12月
所在地 : 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-39-8
代表  : 代表取締役 山出 晋
事業内容: SIPサーバサイド技術の研究開発
      IPコンタクトセンター・パッケージの開発・販売
      IP電話関連パッケージソフトウェア販売
      コンサルティングの提供、IPコンタクトセンター構築支援
      プレディクティブダイヤラーの開発
      テレカン君(無料電話会議サービス)の運営
URL   : http://brekeke.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング