~ 「年末年始休暇」に関するトレンド予測 ~ 今年の年末年始は、有休ナシでも「9連休」!「自宅」「帰省」だけでなく、「旅行」も楽しむ人が急増…年末年始の“ちょい旅”がトレンドに プロに聞く、年末年始の“ちょい旅”をオトクに楽しむコツとは?

@Press / 2013年9月5日 13時0分

グラフ1
生活者の意識・実態に関する調査をおこなうトレンド総研(東京都渋谷区)は、このたび、2013年から2014年にかけての「年末年始休暇」についてレポートします。

今年の冬の年末年始を語る上で外せないのが、「9連休」のキーワード。2013年から2014年にかけての年末年始は日並びが良く、12月30日(月)~1月3日(金)が冬季休暇の場合、その前後にある土日を含めると、有給休暇を取得せずとも9連休を取得することができます。加えて、近年は年末年始をアクティブに過ごす人が増加傾向にある、というのも大きな特徴の1つです。

このような背景から、トレンド総研では、今年の年末年始は“自宅でダラダラするだけ”“帰省をするだけ”ではなく、せっかくの大型連休を有効に楽しむべく、年末年始に「旅行」をしたいと考える人が例年以上に増えると予想。特に、9連休すべてを旅行に費やすのではなく、連休の一部を上手に使って、気軽な旅行を楽しむ“ちょい旅”の需要が高まると考えています。

そこで今回当研では、この年末年始の“ちょい旅”をテーマに、生活者への意識・実態調査をおこないました。また、本レポートでは、トレンドの専門家である、商品ジャーナリストの北村 森氏や、旅のトレンドに詳しい大手航空会社・ANAのマーケットコミュニケーション部・渡邊 勇喜氏のインタビューコメントについてもご紹介してまいります。


■ Summary
【調査結果】「年末年始休暇」に関する意識・実態調査
◆ 帰省予定者の約8割が「年末年始に、帰省と旅行を両方楽しむのは難しい」・・・理由は「時間の余裕がない」
◆ 「9連休、帰省と旅行の両方を楽しみたい」7割が回答

【インタビュー】商品ジャーナリスト・北村 森氏に聞く、年末年始の旅行トレンド
◆ 年末年始の“ちょい旅”で「9連休」を満喫!
◆ 国内旅行の人気の高まりが、年末年始の“ちょい旅”需要を後押し

【インタビュー】航空会社の担当者に聞く、“ちょい旅”をお得に楽しむコツ
◆ お得な旅のコツは「割引運賃」の活用・・・最大で約85%OFFになることも!狙い目は「深夜・早朝」「大晦日・元日」
◆ 航空会社の担当者が教える、年末年始のおすすめ旅行スポットとは


1.「年末年始休暇」に関する意識・実態調査
はじめに、年末年始の“ちょい旅”のニーズを知るため、今年の年末年始に帰省をする予定の、20~40代会社員男女・500名を対象に、「年末年始休暇」に関する意識・実態調査をおこないました。

@Press

トピックスRSS

ランキング