「数学甲子園2013」の本選出場30チームが決定 過去最高159校291チームが予選に挑戦

@Press / 2013年9月6日 12時30分

数学甲子園予選(8月20日東京会場)
財団法人日本数学検定協会(所在地:東京都台東区、理事長:清水 静海)は、「数学甲子園2013(第6回全国数学選手権大会)」の予選を8月17日(土)、18日(日)、20日(火)、26日(月)の4日間、東京都・愛知県・大阪府ほか、全11都道府県で行い、本選出場30チームを添付資料のとおり決定いたしました。

数学甲子園ホームページURL:
http://www.su-gaku.net/events/koshien/
本選出場校:
http://www.atpress.ne.jp/releases/38545/1_5.pdf

「数学甲子園」は全国の中学生・高校生・高専生が団体戦で数学力を競い合う大会で、今年度で6回目を迎えました。
本年の予選では、「実用数学技能検定」(数学検定)の準2級から2級(高校1年生から2年生)程度の問題20問(制限時間=1時間)を、参加される選手全員に挑戦していただきました。予選参加校・チーム数は、過去最高の159校291チーム1,206人(当初申し込み時から2校5チーム45人が辞退した最終数値。昨年は87校147チーム641人が参加)でした。その結果、チームの平均点上位30チームが9月15日(日)に東京で開催いたします本選への出場権を得ました。


【「数学甲子園2013」本選開催概要】
名称  :数学甲子園2013(第6回全国数学選手権大会)
主催  :財団法人日本数学検定協会「数学甲子園」実行委員会
日時  :2013年9月15日(日) 9時40分~17時20分(終了予定)
本選会場:ソラシティ カンファレンスセンター内 ソラシティホール
     (東京都千代田区神田駿河台4-6)
     http://solacity.jp/cc/access/index.html#restaurant-map

賞   :○優勝 (1チーム) 賞状、記念楯、優勝旗(数鷲旗)、メダル
     ○準優勝(1チーム) 賞状、記念楯、メダル
     ○敢闘賞(1チーム) 賞状、記念楯、メダル
     ○入賞 (3チーム) 賞状、副賞
     ○特別賞(2チーム) 賞状、副賞

司会  :
・篠崎 菜穂子(フリーアナウンサー)
自称=算数・数学愛好家。当協会の実施する「実用数学技能検定(数学検定)」準1級、「ビジネス数学検定」の合格者。テレビ、ラジオのパーソナリティーとしても活躍中。
・林家久蔵(落語家)
林家木久扇門下3人めの真打。落語家としては異彩の早稲田大学理工学部数学科を卒業。テレビ、ラジオでも活躍中。

@Press

トピックスRSS

ランキング