スマホやタブレット等で簡単・高精度な音声認識が利用できるクラウド型音声認識サービス「SpeechRec Cloud」を提供開始

@Press / 2013年9月10日 15時0分

図1 「SpeechRec Cloud」の概要
NTTアイティ株式会社(本社:横浜市中区、代表取締役社長:長谷 雅彦)は、スマホやタブレット等で簡単・高精度な音声認識が利用できる「SpeechRec Cloud」を、9月24日(火)に提供開始いたします。

製品ホームページ: http://www.ntt-it.co.jp/product/v-series/index.html


「SpeechRec Cloud」は、従来のオンプレミス型の「SpeechRec」を、スマホやタブレット等からより簡単にご利用いただくため、新たにクラウド型サービスとして開発したものです。従来のオンプレミス型と比べ、短期間かつ低コストでご利用いただくことが可能となります。

「SpeechRec Cloud」は、音声認識エンジンとして、WFST音声認識技術(※1)を駆使してNTT研究所が新たに開発した高速・高精度の音声認識エンジン「VoiceRex」を搭載しています。また、背景雑音の抑圧や音声データのエンコードなど、音声認識を利用する上で必要となる機能を搭載したクライアントライブラリもご用意しています。クライアントライブラリのご利用により、高性能な音声認識を利用するアプリケーション開発を、より簡単に行うことが可能となります。

本サービスは、「Human Sensing 2013」(10月23日-25日、パシフィコ横浜)、「コールセンター/CRM デモ&コンファレンス2013 in東京」(11月14日-15日、池袋サンシャインシティ・コンベンションセンター)に出展いたします。

(※1) WFST音声認識技術:重み付き有限状態トランスデューサ(WFST:Weighted Finite-State Transducer)音声認識技術は、従来の個別モデル(音響モデル、単語発音モデル、言語モデル)を統合・最適化した変換モデルによる音声認識技術で、超大語彙の環境で高速かつ高精度音声認識が可能となります。


■販売開始の経緯
これまで、音声認識の活用は、大規模なコールセンタでの通話録音音声の認識分野など、オンプレミス型での利用が中心となっており、「SpeechRec」も、コールセンタやIVRなどの分野に導入されてきました。
近年、スマホやタブレット等の普及により、音声認識を活用したさまざまなアプリケーションが登場し、音声認識は身近なインタフェースとして認知されるようになってきました。
今回サービスを開始する「SpeechRec Cloud」は、もっと簡単に、かつ低コストで音声認識を利用したいというお客様からのご要望にお応えし、「SpeechRec」をクラウドサービスとして提供するものです。

@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング