溶接工場とデザイナーが生み出した、バリアフリーな手で漕ぐ3輪自転車「ハンドバイク」、普及モデルの製造を目的にクラウドファウンディング活用を開始

@Press / 2013年9月11日 16時0分

ハンドバイク
アルゴン溶接と精密板金加工を行う有限会社宇賀神溶接工業所(所在地:埼玉県朝霞市、代表取締役:宇賀神 一弘)は、手で漕ぐ3輪自転車「ハンドバイク」の商品化を目的とした普及モデルの開発に着手し、その開発資金のために、モノづくりに特化したクラウドファウンディング「zenmono(ゼンモノ)」への挑戦を開始しました。プロジェクト名は「溶接工場が生み出したバリアフリーなハンドバイク『HBJ-X』」です。

zenmono ハンドバイクプロジェクトページ
http://zenmono.jp/projects/11


■ HandBike Japanのきっかけ
きっかけは4年前。事故により下半身の自由を奪われた車いすユーザーの「もう一度、風を感じて走りたい!」という切実なリクエストに応える為に、金属加工の町工場の社長である当社、宇賀神 一弘とプロダクトデザイナーであるテコデザイン有限会社、柴田 映司がたった2人だけでハンドバイク開発プロジェクトを始めました。


■ ハンドバイクとは
ハンドバイクは通常の自転車とは違い、手でクランクを回す事によって動力を生じさせる、その名の通り「手で漕ぐ3輪自転車」です。主にパラリンピック等の競技で「レース用」や「福祉車両」として使用され、ドイツ製やアメリカ製のモノが存在しています。しかし「HandBike Japan」のハンドバイクは「イージー&ファン」をコンセプトに、一般道での使用をメインに開発された3輪のハンドバイクであり、障がいの有無に関わらず、子供から大人まで、誰にでも気軽に乗る事ができる新しい乗り物になっております。

ハンドバイクの紹介動画
http://www.youtube.com/watch?v=2JgY4FtxrNY


■ HandBike Japanの活動
個人的な依頼で始まったハンドバイクプロジェクトでしたが、「手で漕ぐ」感覚は非常に新鮮で快適であり、ハンドバイクは、スポーツ性の高い乗り物である事が分かりました。そして、スタイリッシュな乗り物として多くの方々に体験して欲しいという願いから、「新しい乗り物」としてのハンドバイクを開発する事を目的に、本格的なデザイン・試作機製造を始め、2012年4月に「HandBike Japan」を設立、現在に至るまで国内外から多くの反響を頂き、日々普及活動を行っております。

HandBike Japanホームページ
http://www.handbike.jp
HandBike Japan公式Facebookページ
https://www.facebook.com/HandbikeJapan

@Press

トピックスRSS

ランキング