ビデオリサーチ『ad:tech tokyo 2013』に出展リクルートテクノロジーズ社との新ビッグデータ構築・分析に関する共同実験結果を発表

@Press / 2013年9月10日 14時0分

アドテック
 株式会社ビデオリサーチ(本社:東京、社長:秋山創一)と株式会社リクルートテクノロジーズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中尾隆一郎)の両社は、これまで培ってきたビッグデータに関するノウハウを互いに持ち寄り、スマートデバイスを活用して新たなビッグデータ(ネットログ×ライフログ)を取得する事で生活者インサイトを探る共同実験を2013年8月に実施いたしました。
そこで明らかになった内容を、東京国際フォーラムで開催される『ad:tech tokyo 2013』のビデオリサーチ社のワークショップにおいて、9月19日(木)13:00~13:40に発表いたします。
万障お繰り合わせのうえご来場賜りますよう、お願い申し上げます。

■ad:tech tokyo 2013での発表の概要

・日時 :2013年9月19日(木) 13:00~13:40
・場所 :東京国際フォーラム 『ad:tech tokyo 2013』のビデオリサーチ社ワークショップ
・スピーカー:株式会社ビデオリサーチ インタラクティブ事業戦略室 部長 池田宜秀
       株式会社リクルートテクノロジーズ ビッグデータG シニアアナリスト 西郷彰
・内容 :今回の共同実験では、TV番組接触、購買記録、屋外行動の3タイプの記録用アプリを
共同開発し、それに加えて、既に開発済みであったスマートデバイスとPCからのWEB接触の記録アプリを、調査用パネルに対して配布。計5タイプ(TV番組接触、購買履歴、屋外行動、スマホ・PCそれぞれからのWEB接触)のライフログを収集出来るようにしました。
収集したライフログのデータ分析には、機械学習(※1)の技術を用いた新しい分類・分析システムを開発し、新たな生活者インサイトの探索を行っています。
そこから、見えてきた新しい生活者インサイトを発表致します。
(※1機械学習:人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現する技術)

■背景

当社は、生活者のメディア接触と購買状況・意識などの調査を長年にわたって行ってきました。
しかし、昨今のスマートデバイスの普及やクラウド環境の整備により、生活者の動向に関係するビッグデータをリアルタイムかつ詳細に分析する事が可能になる中、より広い領域においてお客様のマーケティング活動を支援する事が求められていました。
そこでこの度、その課題にスピーディーに対応するための取り組みの一環として、当社が保有するACR調査(※)の膨大なデータとリクルートテクノロジー社の保有する分析基盤、更に両社のビッグデータ分析ノウハウを合わせる形での両社の共同実験をスタートさせました。

※ACR調査とは:
ひとりの生活者に対して媒体接触状況と、消費・購買状況を同時に調査することにより、消費者の動向の把握、ターゲットのプロフィールの把握、媒体計画の立案など、マーケティング・プランニングの際の基礎データとして各方面でご活用いただいております。
詳しくは以下をご参照下さい。
http://www.videor.co.jp/solution/ad-plan/acr/index01.htm


■ad:techとは (ad:tech tokyo 公式ホームページより)
 新たなビジネスモデルを創出する国際会議 ad:tech(アドテック)は、マーケティングに携わる
ビジネスリーダーに向けて「デジタル時代におけるマーケティングのベストプラクティス」を提供しています。全世界8都市で開催される世界最大級のデジタルマーケティングイベントは、全世界のマーケターの注目を集めています。カンファレンスでは厳選されたスピーカーが最先端の事例を交えながら今後の業界動向についての見解を議論。パネルディスカッションでは、すぐに使える実践法や新たなビジネスチャンスを模索する討論等を行い、参加者にとって意義のある時間をご提供します。


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング