全身マッサージで“心地良い眠り”をサポートする寝具タイプマッサージ器「のびて爽快DX DF-523」「のびて爽快 DF-323」9月20日新発売

@Press / 2013年9月13日 13時0分

「のびて爽快DX DF-523」
2014年に創業60周年を迎える株式会社フジ医療器(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:木原 定男)は、エアーマッサージ機能と電位治療機能を備えた寝具タイプの「のびて爽快DX 組合せエアーマッサージ器 DF-523」(以下 DF-523)と、エアーマッサージ機能のみを備えた「のびて爽快 エアーマッサージ器 DF-323」(以下 DF-323)を、特定取引先を通して9月20日より発売いたします。

「のびて爽快DX 組合せエアーマッサージ器 DF-523」
http://www.atpress.ne.jp/releases/38710/1_1.jpg
「のびて爽快 エアーマッサージ器 DF-323」
http://www.atpress.ne.jp/releases/38710/2_2.jpg


厚生労働省「平成23年 国民健康・栄養調査結果の概要」によると、寝付きが良くないと答えた割合は男女とも50%を超えています。睡眠の質の低下はライフスタイルの影響が大きいと思われますが、当社としては、質の高い睡眠を取るために、一日の疲れをしっかり取り、睡眠に適した環境を作り上げることが重要だと考えています。

新機能である「脚カフ」は、ブーツタイプでふくらはぎから足先をすっぽりと覆い、エアーバッグが圧迫開放動作を繰り返して、脚全体の血行を促進します。寝た体勢でもしっかりと脚の疲れをとって、睡眠をとりたいという方に向けて、今回新たに搭載しました。

DF-523には15枚、DF-323には11枚のエアーバッグを用いているため、全身をストレッチ感覚でマッサージすることができます。首のコリは4枚のエアーバッグで、「はさむ」、「おこす」、「もみこむ」立体的な動きで首筋を効果的にマッサージします(※)。肩・背・腰のコリに対しては、各部位ごとのマッサージと連動してエアーバッグが左右バランスよく動き、「のばす」、「ひねる」といったストレッチマッサージを行います。脚は、寝ながらでも座りながらでも使える「脚カフ」のほか、ふくらはぎ近辺に付いている2つのバイブで、左右交互に振動を与えて血行を促進します。

寝心地や温度環境にもこだわっています。快適な温度に温める10時間タイマー付き「ヒーター」を搭載。身体への負担を軽減するために、クッション材には硬さの異なるウレタンを使った「縦横3層クッション構造」を採用。また衛生面からも、毎日快適に使えるように本体カバーの表面生地には「制菌・消臭加工」、首周りの中生地には生活臭を吸着し消臭する「トリプルフレッシュプラス」、本体裏生地には通気性の良い「Wラッセル」を採用しました。「除湿機能」もありますので、寝具内の気になる湿気を簡単にお手入れできます。さらに、身体のまわりにマイナス電位を発生させて、肩こりや不眠症に効果的な「電位治療」を行うことができます(※)。

@Press

トピックスRSS

ランキング