クラリゼン、「Clarizen V6 日本語版」を発表 ソーシャル機能を強化したSaaS型プロジェクト実行管理の最新版

@Press / 2013年9月12日 13時0分

クラリゼンのロゴ
SaaS型のプロジェクト実行管理ソリューションで業界をリードする米国クラリゼン社(本社:カリフォルニア州、創業者 兼 CEO:アビノーム・ノボグロドゥスキー、日本オフィス:東京都新宿区、代表:日下 浩)は、本日、強力なプロジェクト管理機能に本格的なソーシャル機能を統合した業界初のソリューションとなる、「Clarizen V6 日本語版」発表しました。数々の受賞歴を持つClarizenは、ソーシャルな世界を仕事に組みこむことで業績の向上を支援し、企業内コラボレーションを促進します。なお、Clarizen V6は9月8日より提供が開始されており、価格は3,000円/ユーザーからとなります。

クラリゼンの創業者 兼 CEO、アビノーム・ノボグロドゥスキーは次のように述べています。
「企業や組織は以前にも増して、世界中に配置された異なる技能、異なる世代のスタッフで構成されています。Clarizen V6は、私たちが考えるWork Funnel(TM)というコンセプトの上に設計され、成果を導きだします。具体的には、単一のクラウドプラットフォームにソーシャルを結び付け、そのコラボレーションで結果を生み出すという図式です。」

Clarizen V6により、日々ビジネスでやりとりされるメールや資料から、容易な操作で有用な情報を収集することができます。数百に及ぶ拡張新機能を持った全く新しいユーザーインターフェースにより、プロジェクトの透明性と業績向上をもたらし、ソーシャルなコラボレーションにより高い生産性を実現します。

Clarizen V6の主な機能は以下の通りです。

★社内外とのソーシャルなコラボレーション
Clarizen固有のユニークなソーシャルユーザーインターフェースにより、社内のスタッフ、お客様、協力業者は、お互いの会話をプロジェクトのあらゆる側面にリンクさせたり、ディスカッション・グループを作ったり、即座に行動をとったりすることができます。また、ハッシュタッグ(#)を用いて必要な情報にリンクさせたり、アットサイン(@)を使って個人やグループを会話に誘ったりすることもできます。

★ドラッグドロップによる容易な操作
Clarizen V6は、リソースの割り当てをドラッグドロップにより簡単に行うことができます。また、各チームや各メンバーが現在行っている作業や進捗状況を一覧で見ることができるので、リーダーは各メンバーの技能や時間を考慮しつつリソースの割り当てを行うことができます。

@Press

トピックスRSS

ランキング