ビッグデータをビジネスの現場で活用できる人材になるための『データサイエンティスト養成コース(ベーシック:5日間)』提供開始

@Press / 2013年9月13日 11時0分

国内の主要なITベンダー、SIerに実践的な教育研修を提供する株式会社チェンジ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:神保 吉寿、URL: http://www.change-jp.com/ )は、『データサイエンティスト養成コース(ベーシック:5日間)』を開始いたします。

独立系の教育会社の立場から、特定のツールに偏ることなく、様々なデータ分析基盤やツール、構造化/非構造化データを実際に用いて、ビッグデータをどのように分析しビジネスに活かすか、ビッグデータをビジネスの現場で活用できる人材になるための基礎知識の習得を支援します。

<『データサイエンティスト養成コース(ベーシック:5日間)』>
http://www.change-jp.com/learning/courses_bigdata01.html


■データサイエンティスト養成コース(ベーシック:5日間)概要
・データサイエンティストとしてビジネスで活用できることを目的とし、統計解析や分析基盤技術などの特定領域に偏らず、ビッグデータ分析を導入するため、実際の手順に沿って網羅的に実践的な学習を進めます。

・実務での利用シーンを想定し、既存データや公開データを現場ですぐに有効活用できるようになるために、様々なツールや基盤、データを用いた分析を実際に比較しながら体験できます。


■研修の特長
(1) 様々な処理基盤やツールを実際に使って学習することで、それぞれの特徴を理解できます。
・Amazon Redshift/Swell Cloud
 (アップ・スウェル株式会社 http://www.upswell.jp )
・C-Finder(株式会社Consumer first http://www.consumer-first.jp/ )
・RStudio(TM)
・Tableau Desktop
 (タブロージャパン株式会社 http://www.tableausoftware.com/ja-jp )
・YDC SONAR(R)(株式会社ワイ・ディ・シー http://www.ydc.co.jp/ ) など
 (製品名順)

(2) 実在するデータを用いることで、現場に直結した分析を体験できます。
・取り扱うデータ:Twitter、各種トランザクションデータ、掲示板などの非構造化データ など

(3) ビッグデータの自社ビジネスへの適用が以下の視点から学べます。
・様々な事例から見た自社へのビッグデータ適用の視点(ビジネスインサイト)
・取得できるデータや取得方法(インプットデータ)
・法務的な視点(データ活用の注意点)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング