マレーシアで第2回医療観光イベントが開催

@Press / 2013年9月13日 16時0分

マレーシア医療観光協会(MHTC:Malaysia Healthcare Travel Council、所在地:マレーシア)は、第2回目となる医療観光イベントの開催を発表しました。マレーシア国際ヘルスケアトラベルEXPO 2013(MIHTE:Malaysia International Healthcare Travel Expo 2013)により医療観光はますます注目を集めていきます。毎年開催されているこのイベントは医療観光産業における主要投資者が一同に集まり、同じ医療観光業界のバリューチェーンの中でも異なる事業分野の方々が交流し、経験を共有できる場となっています。また急速に成長をしているこの業界において、新たなビジネスチャンスや相乗効果をもたらす基盤となっています。

マレーシア医療観光協会(MHTC)のCEOであるDr. Mary Wong氏は「医療観光は現在世界において非常にダイナミックで競争の激しい産業となりました。そんな中でマレーシアは自国の競争力を世界に向けて積極的に紹介するべきです。なぜなら、マレーシアには一流の病院で高い技術を持った医師から良心的な価格で治療を受けることができるからです。加えて、マレーシアには数多くの観光名所もあり、本イベントのテーマでもある『多角的な医療観光の経験を提供する』ことはマレーシアとって容易にできるのです。治療、健康に関するプログラムと観光の最適な組み合わせを提供することができるマレーシアは、東南アジア地域において医療観光の主要な渡航先として位置づけすることが出来るでしょう。」と述べました。

本イベントには世界中から100以上のメディアや200以上の海外出資者の参加が見込まれており、彼らはマレーシア医療観光協会(MHTC)が開催する施設訪問ツアーを通して、実際にマレーシアの素晴らしい医療施設や観光名所を見学することができます。この他にも出展者により事前に構築された医療観光パッケージも本イベントで初めて発表されます。また、参加されるヘルスケア関連事業者、航空会社、旅行会社、保険会社、ホテル事業者、スパ、退職者向け住宅開発業者など、様々な事業分野の方々が交流することにより、今後持続可能な医療観光産業の発展へと導く新規事業提携を促進する数多くの機会が創出され、また既存の提携関係もより強化される相乗効果がもたらされることが予想されます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング