[日本認知症コミュニケーション協議会]『認知症予防と進行を抑えるアクティビティ・ケアを考える』創立5周年記念講演会&シンポジウム、9月20日(金)13:00より開催

@Press / 2013年9月18日 11時30分

日本認知症コミュニケーション協議会
認知症に関する調査・研究、人材育成などの普及・啓発を行う一般社団法人日本認知症コミュニケーション協議会(所在地:東京都渋谷区、理事長:渡辺 光子)は、9月20日(金)に創立5周年を記念して「認知症予防と進行を抑えるアクティビティ・ケアを考える」講演会ならびにシンポジウムをすまい・るホール(東京都文京区)にて開催致します。( http://www.jadecc.jp/seminar/lecture/130920/index.html )
また翌21日(土)は「世界アルツハイマーデー」となります。


■社会背景
日本の要介護者は396万人、そのうち認知症の人は約180万人と言われ、約80%が在宅ケアを受けていると言われており、その人数は年々増加しています。一方、9月3日~4日の2日間によるインターネット調査(協議会調べ)で20代から60代の男女に「認知症」について尋ねたところ、「認知症を知っている」と答えた人が66.3%に上ったのに対し、「認知症の人とのコミュニケーション方法や対応方法を知っている」と答えた人の割合は19.5%に留まりました。(n=893人)


■創立5周年記念講演会&シンポジウム 開催趣旨
日本認知症コミュニケーション協議会は、今年、創立5周年を迎えます。10回の検定を数える「認知症ライフパートナー」。その養成を担う当協議会は、本会にて、その上級認定資格である「認知症アクティビティ・ケア認定専門士」の養成を始めることについて発表致します。本講演およびシンポジウムへご参加頂くことで、認知症に対する有効で新しいケアの手段として「認知症アクティビティ・ケア」に対する理解を深めていただければ幸いです。

当講演会&シンポジウム公式ページ:
http://www.jadecc.jp/seminar/lecture/130920/index.html


■開催概要
日程 :2013年9月20日(金)/ 時間 :13:00~17:00
会場 :すまい・るホール(東京都文京区後楽1-4-10)
参加費:一般 1,500円 会員 1,200円 / 定員 :300名


<開催プログラム>
【講演会】
ご挨拶.認知症アクティビティ・ケアに携わる専門職の養成
(渡辺 光子 一般社団法人 日本認知症コミュニケーション協議会 理事長)

1.認知症問題と東京都の取り組み
(中山 政昭 東京都福祉保健局 高齢社会対策部長)

2.老いの胸突き八丁、私はこう生きる
(樋口 恵子 高齢社会をよくする女性の会代表)

@Press

トピックスRSS

ランキング