MOTEXとNECがIT資産管理製品と不正接続防止製品で連携

@Press / 2013年9月18日 11時0分

エムオーテックス株式会社(代表取締役社長:河之口 達也、本社:大阪市淀川区、以下 MOTEX)と日本電気株式会社(代表取締役 執行役員社長:遠藤 信博、本社:東京都港区、以下 NEC)は、MOTEXのIT資産管理製品「LanScope Cat」とNECの不正接続防止製品「InfoCage 不正接続防止」およびアプライアンス型センサー「InterSec/NQ」を連携させ、10月上旬より提供開始します。

標的型攻撃をはじめとするコンピュータウイルスの脅威や、情報漏えいなどのセキュリティ事故は、企業の社会的な信用を失墜させる大きなリスクとなります。この対策には、企業内に存在するPCの状態を正確に把握し、セキュリティ対策を徹底することが必要です。さらに、セキュリティ対策がされていない持込みPCから企業内ネットワークを守るために、持込みPCを企業内ネットワークに接続させないことが重要です。

MOTEXの「LanScope Cat」はIT資産管理をはじめ、ログ管理・デバイス制御・Webアクセス制御まで、オールインワンでPCの統合的なセキュリティ管理を可能とする製品です。NECの「InfoCage 不正接続防止」ならびに「InterSec/NQ」は持込みPCの不正接続防止製品として1,000社以上のネットワークを守ってきた、長年の実績とノウハウを持つ製品です。
今回「LanScope Cat」と「InfoCage 不正接続防止」のデータベースを連携し、アプライアンス型センサー「InterSec/NQ」を「LanScope Cat」のセンサーとして使用できるようにしました。「LanScope Cat」の資産管理のデータに基づき企業ネットワークへの不正接続防止をすることが可能となり、セキュアなネットワークを低コストで構築・運用することができるようになります。

「LanScope Cat」と「InfoCage 不正接続防止」「InterSec/NQ」の特長は、次のとおりです。

1. IT資産管理からPCのセキュリティ対策を強化 「LanScope Cat」
「LanScope Cat」は、IT資産管理市場で8年連続トップシェア(注)、2013年7月時点で6,740社610万クライアントの導入実績をもつIT資産管理・ログ監視ツールです。クライアントPC・ネットワークへの負荷の軽さが特長で、最大PC40,000台の環境での稼働実績があり、あらゆる業種・規模で導入され、特にセキュリティに厳しい官公庁・自治体、金融業界、大規模企業で高いシェアを誇ります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング