米国Fenox Venture Capitalと戦略的パートナーシップ契約を締結~インフォコムグループ事業のグローバル展開を加速。~

@Press / 2013年9月18日 11時0分

インフォコム株式会社(東京都渋谷区、以下 インフォコム、 http://www.infocom.co.jp/ )は、ITサービスに関する最先端技術や革新的なビジネスモデルを有するスタートアップ企業の発掘、および、米国をはじめとした先進国市場だけではなく、成長著しいアジア新興国市場へのグローバル展開を目的として、Fenox Venture Capital(本社:米国 シリコンバレー、代表取締役社長/共同設立者 アニス・ウッザマン、以下 Fenox、 http://fenoxvc.com/ )と戦略的パートナーシップ契約を締結いたしました。


Fenoxは米国シリコンバレーを拠点とする独立系VCとして、北米のみならず日本や東南アジアおよび欧州において、インターネットサービス、エンタープライズソリューション、ニュースメディア等の分野を中心に、アーリーステージから成長期にある最先端技術を有するスタートアップ企業に数多く投資しています。


今回の戦略的パートナーシップの締結により、インフォコムは、Fenoxが保有するワールドワイドな企業/技術情報に関するネットワークと知見を活用し、中期経営計画における重点事業分野である「ネットビジネス分野」「ヘルスケアIT分野」を中心とするスタートアップ企業の発掘およびこれらの会社に対する事業支援を行うことで、インフォコムが培ってきた製品開発/事業ノウハウを駆使してグローバルな事業展開の拡張を進めていく予定です。また、将来有望な企業に対しては直接投資も視野に入れてまいります。


【インフォコム株式会社 代表取締役社長 竹原 教博 からのメッセージ】
Fenoxは、豊富な知見とともに日本の企業文化にも精通している独立系VCで、当社のグローバル展開において、欠かすことのできないベストパートナーとなることでしょう。
先端技術を有したグローバルパートナーを見つけることが、私どものお客様のユーザー・エクスペリエンス向上に繋がると信じております。


【Fenox Venture Capital 共同設立者 Anis Uzzaman からのメッセージ】
これまでFenoxは、シリコンバレーを中心とした最先端のインターネットサービス、エンタープライズソリューション、ニューメディア等の分野における多くのスタートアップ企業と協業してまいりました。
今回のインフォコムとのパートナーシップは、私たちの投資先にとっても大きな相乗効果をもたらすこととなるでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング