シルバーエッグ・テクノロジーが「ad:tech TOKYO 2013」に出展 ツイートレビュー、O2Oレコメンドソリューション等のコンセプトモデルや既存サービスを出品

@Press / 2013年9月18日 13時0分

シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長兼CEO:トーマス・フォーリー、以下「シルバーエッグ」)は、9月18日(水)、19日(木)の両日に開催される「ad:tech TOKYO 2013」へ出展します。

当展示会では、従来より開発販売されているリアルタイムレコメンドサービスの「アイジェント・レコメンダー」やダイナミック・リターゲティング広告「HotView」と併せ、現在開発中の「ツイートレビュー」と「O2Oレコメンドソリューション」を参考出品します。


【ツイートレビューについて】
ツイートレビューとは、ECサイトには必須の機能となりつつある「レビュー機能」を拡張したサービスです。
商品レビューの蓄積とソーシャルネットワークへの拡散が同時に可能になるとともに、投稿された口コミを独自開発の感性分析機能で店舗の評価を定量的に分析することが可能になるサービスです。


【O2Oレコメンドソリューションについて】
シルバーエッグが持つレコメンデーション技術とO2O関連技術を組み合わせたサービスです。
顧客がリアル店舗に近づいたことを認知し、その場所/その時に最適な商品推奨がスマートフォンやデジタルサイネージを通じて可能となる一連のソリューションで、以下のサービスから構成されます。

●ジオフェンシング型O2Oスマホレコメンド
ジオフェンシング技術とレコメンドの顧客行動情報の分析技術にて、店舗に近づいた際に顧客のスマートフォンへ「その人だけの」商品を推奨できるサービスです。

●TAGCAST型デジタルサイネージレコメンド
顧客が店頭の近傍エリアに近づいた際、顧客のスマートフォンや店頭設置のデジタルサイネージ上に「その人だけの」商品を推奨できるサービスです。
※TAGCASTはBluetooth通信を使い、定期的に信号を発信する小型のボックスを配置し、電波の届く範囲にスマートフォンが近づくとアプリに情報を自動で表示したり、自動で動作させることができます。

●コーディネイト・コンシェルジェ・アプリ
商品についている商品認識タグをスマートフォンに読み取らせることにより、該当商品と併せてコーディネイトされやすい商品を推奨するサービスです。


【アイジェント・レコメンダーについて】
人工知能と高等数学を組み合わせたロジックによる精度の高いリアルタイム・レコメンドサービスです。サイトのアクセスおよび購買状況を「リアルタイム」に把握・分析し、その時点で効果的なレコメンデーションを提供することができます。また、各ユーザーの動線を追跡し解析することで一人一人の嗜好に合わせたお奨め商品を表示することができるサービスです。また、充実した管理画面とリリース後のレポーティングサービスにより、費用対効果を明確にすることができます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング