バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表取締役交代のお知らせ

@Press / 2013年10月1日 10時0分

〔東京、2013年10月1日〕世界最大級の投信会社ザ・バンガード・グループ・インクの日本法人バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社( https://www.vanguardjapan.co.jp )は、2014年1月1日付にてディビッド L. サーマックが弊社代表取締役に就任する計画を発表しました。

サーマックは、米国およびルクセンブルグにてモルガンスタンレー、ロイヤル・バンク・オブ・カナダに勤務後、2005年に当社に入社し、ブローカレッジ・ビジネスの責任者を務めました。

なお、前任の加藤 隆は、資産運用業界から引退し、今後は、予てからの希望に従い、自然循環型ライフスタイルの実践と普及などの社会的活動に従事する予定です。


◆ザ・バンガード・グループ・インクについて
バンガードの投資商品は、35年以上におよぶインデックス運用の経験に裏付けされています。ザ・バンガード・グループ・インクは、1976年に初の個人投資家向け株式インデックスファンドを米国で売り出しました。1986年には債券インデックスファンドを、1990年には国際株式指数に連動するインデックスファンドを、それぞれ売り出しました。2001年以降、バンガードはインデックス運用のノウハウをETF(上場投資信託)においても発揮しています。

バンガード・インベストメンツ・ジャパン株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第146号
加入協会:日本証券業協会

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング