タクシー無線グループ初、4,500台のタクシードライバーが一挙賛同!東京無線協同組合のタクシーが“ピンクチェック”のステッカーを貼って首都高をスマートに運転する取り組みを開始!

@Press / 2013年10月1日 9時30分

東京無線でのスマートGO
コミュニケーションの力で首都高の事故を減らす「東京スマートドライバー」プロジェクト(発起人:小山薫堂、賛同者数 約132,000人、以下「東京スマートドライバー」)は、都内最大級のタクシー組合である「東京無線協同組合」とコラボレーションすることが決まりました。第1弾の取り組みとして、2013年9月20日(金)に首都高速道路株式会社、東京スマートドライバーが共催で講習会を実施し、東京無線協同組合に加盟する約4,500台の車輌に貼付するための東京スマートドライバー公式ステッカー4,500枚を進呈しました。


■東京無線協同組合が東京スマートドライバーに賛同した経緯
東京無線協同組合に加盟するタクシーが首都高速を走行する回数は非常に多く、1ヶ月で約114,000回(ETCカウント)です。同組合では乗務員の研修や勉強会などを行うほか、独自の資格制度を設けるなど積極的に交通安全に取り組んでいますが、残念ながら交通事故を0にすることはできません。そんな折に東京スマートドライバーの活動を知った同組合は、加盟するタクシーの事故を無くすこと、さらに、このプロジェクトに参加して首都高速における全ての事故の減少に役立てることができればと考え賛同に至りました。


【「東京無線協同組合」について】
都内23区及び三鷹市・武蔵野市に事業所がある61社のタクシー会社が加盟する組合。約4,500台=タクシー、約11,000名の乗務員数を有し、タクシーの共同営業を行っています。愛される都民の安心快適な移動手段として、鉄道・バス等の大量輸送機関では決して真似のできない付加価値のあるドアtoドアの輸送を展開しています。

名称  :東京無線タクシー
組合名 :東京無線協同組合
所在地 :東京都新宿区百人町二丁目18番12号
設立  :1961年2月25日
組合員数:61社 総乗務員数/約11,000名
総車両数:4,473台(全車ETC搭載)デジタル無線・カーナビ搭載車/3,969台
事業区域:東京23区、武蔵野市及び三鷹市
※2013年8月現在
http://www.tokyomusen.or.jp/about.html


【東京無線スマートドライバー特設ページ】
http://www.tokyomusen.or.jp/equipment.html#tsd_contents


【「東京スマートドライバー」について】
コミュニケーションの力で首都高の交通事故を減らすプロジェクト。
「東京スマートドライバー」は、小山薫堂が発起人となり立ち上げたソーシャルブランドです。
URL: http://www.smartdriver.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

東京無線スマドラ誕生東京無線スマドラ第1号ステッカーが貼られました

@Press

トピックスRSS

ランキング