「CLOMO SECURED APPs」App Store提供を開始- iOS 向けビジネスアプリ導入の手軽さがさらに向上 -

@Press / 2013年11月18日 11時0分

「CLOMO SECURED APPs」App Store 提供を開始
株式会社アイキューブドシステムズ(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:佐々木 勉、以下 アイキューブドシステムズ)は、2013年11月19日より順次、CLOMO SECURED APPs シリーズの App Store提供を開始することを発表いたします。

http://www.i3-systems.com/20131118.html?ss_ad_code=PR0005


いつでも・どこでも・自由に持ち運べるモバイルアプリには、情報漏えいのリスクが潜んでいます。CLOMO SECURED APPs シリーズは、スマートデバイス導入企業の多くが求める「ブラウザ」「ドキュメント共有」「メーラー」「共有アドレス帳」「カレンダー」の5種類のモバイルアプリで構成され、それぞれのアプリは、企業の情報漏えいを防ぐ為のデータ保護機構や、運用を支える利用状況の把握やリモートによる設定や制御、ネイティブアプリならではの操作性や機能性を備えています。


CLOMO SECURED APPs シリーズは「必要な機能のみを選択できる購入体系」や「設備投資不要で、すぐに利用開始できるクラウドサービス」「直感的で専門知識不要の操作性」など、手軽に導入できる特長を持っています。この度、App Storeからの提供に伴い、従来より提供中の大規模運用に適した運用が可能なアプリを「CLOMO SECURED APPs Enterprise for iOS」(*1)、App Storeから提供されるアプリを「CLOMO SECURED APPs for iOS」(*2)と改称し、お客様のスマートデバイス活用シーンに貢献します。


<CLOMO SECURED APPs for iOS利用時の主なメリット>
・iDEP(*3)加入に関わる手続き・費用が不要で、手軽に導入可能。
・ユーザー側にアプリのアップデートを委ねられ、管理者の負担を低減。
※iOS 7で搭載された自動アップデート機能の利用によって、管理者・ユーザーの負担無く、最新バージョンのアプリを利用可能です。


<CLOMO SECURED APPs Enterprise for iOS利用時の主なメリット>
・管理者側で、バージョンアップ版の事前検証や、バージョンアップタイミングを制御可能。
・アプリのバージョンを制御することで、ユーザーのサポートコストや運用コストを低減。
・CLOMO SECURED APPs Enterprise for iOSのみに提供される高度な機能を利用可能。
※CLOMO SECURED APPs Enterprise for iOSにのみ提供される機能の詳細は、当社ホームページの各種製品ページをご覧ください。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング