東新宿再開発エリアに誕生するクリエイティブホテル 「新宿グランベルホテル」2013年12月18日(水) グランドオープン

@Press / 2013年10月1日 14時0分

新宿グランベルホテル外観CG
株式会社フレンドステージ(所在地:埼玉県上尾市、代表取締役社長:安野 清)は、2013年12月18日(水)、東京・新宿歌舞伎町に「新宿グランベルホテル」(総支配人:安野 洋、客室数380室)をグランドオープンいたします。


■渋谷、赤坂を超えるフラッグシップホテルの誕生
このホテルは、開業後から高い人気と稼働率を誇る「渋谷グランベルホテル」(2006年開業、105室)、ならびに「赤坂グランベルホテル」(同年開業、61室)に続く、“グランベルブランド”3つめのプロパティとなり、客室数もこれまでを大きく上回る380室と、同ブランドのフラッグシップホテルとして位置付けられます。
高いクオリティーとデザイン性を特徴としたこのホテルは、日本を代表する商業エリア・新宿の中心部に位置し、周辺には百貨店、専門店など数多くの商業集積が立ち並ぶ、観光・ビジネス利用ともに抜群の好立地です。
またアクセスも、JR新宿駅からも徒歩10分、東京メトロ/都営地下鉄「東新宿駅」からは徒歩4分というホテルを中心に足を伸ばすにも申し分のないロケーションです。
新宿の夜景が楽しめるバーやレストランなども付設し、幅広い層のお客様に愛されるデザインホテルを目指します。


■コンセプトは“FUN to STAY”
ホテルのコンセプトは「アジアのNEXT ARTIST × HOTEL」。ホテルを訪れるお客様に、その街らしい、新しいスタイルと新しいデザインを愉しんでいただく「FUN to STAY」を目指します。日本の中で最もアジア文化を感じる新宿・歌舞伎町で「FUN to STAY」するために、新宿グランベルホテルは、アジアの若いクリエイターたちを迎え、ホテル空間とコラボレートすることで都市型ビジネスホテルの一歩先を行く、“クリエイティブホテル”という新ジャンルを切り拓きます。
新宿グランベルホテルは「観光やビジネス目的のゲストにも滞在(Stay)を十分に楽しんでいただく(Fun)ためのホテル」を実現します。そして世界に対するアジアンカルチャーのメッセージとなるホテルを目指します。
スタンダード・ロフト・エグゼクティブ・スイートルームという4つのカテゴリーをベースに、33種類ものルームミックスがなされた客室は、日本のデザイナー達がつくる繊細な空間に、アジアの若手クリエイターたちのダイナミックなアートや音楽などを組み合わせ、ホテルに滞在するインターナショナルなゲストに“アジアの新感覚デザインを愉しみながら過ごせる空間”をご提供します。

@Press

トピックスRSS

ランキング