“アーティストの感性を活かしたアメリカンテイスト”2014年版カレンダー『TASTY LEGS』販売開始

@Press / 2013年10月16日 11時0分

『TASTY LEGS』表紙
株式会社杉本カレンダー(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:杉本 庄吾)は、昨年コンセプトを一新し、アーティスティックなテイストの商品に仕上げて大きな話題を呼んだ『TASTY LEGS』カレンダーを再リニューアルし、今年も2014年版として販売致します。


【再リニューアルの背景】
■サイズダウンと価格低減
昨秋2013年版として発売したこの“美脚カレンダー”は、小粋なインテリア品として、アーバンモダンなお部屋に飾るのにピッタリのテイストを目指して創り上げられました。発売後、ネットニュース、写真雑誌、大手モバイルの配信情報等に取り上げて頂き、大きな反響を呼びました。

しかし、あるラジオメディアで、「この商品…デカいです」というご指摘も頂いた他、家庭空間で使って頂くには少々大き過ぎるとの意見もあり、今回は1サイズダウンを図ると共に、必然的に価格も下げることに致しました。


■企画コンセプト上の再挑戦
昨年高評価を頂いた、女性にも受け入れられ易い上品な作りについては、そのまま踏襲する方向も考えられました。しかし、“守り”に入ることなく、“攻め”の路線を堅持すべく、イメージング、スタイリング、ポージング等については、前年と同じ制作スタッフ=フォトグラファーやスタイリスト、メイクアップアーティストにその方向性やコーディネイション等の決定をほとんど委ね、プロフェッショナルである彼らの感性と創造性を活かしました。今回、当社企画部が単独で断を下したのは、フィールドであるスタジオの指定までです。


【商品の特徴】
■ヨーロピアンテイストからアメリカンテイストへ
昨年のアーティスティックな作りには、ややヨーロピアンテイストな要素もありましたが、フォトグラファーの三浦 洋人氏によると、今回のサブコンセプトは「ロックンロール」とのこと。ズバリの露出こそ一切ありませんが、むしろアメリカンテイストのストレートな作品表現に置き換わったと言えます。

同時に、今回は画像掲載も1ページに1枚というオーソドックスな形に納まりました。但し、暦のフォントは画像のパワーに負けぬよう、比較的アクの強いものを選択しております。


■フォトグラファー紹介
○三浦 洋人(ミウラ ヒロト)
写真家・映画監督。LACC映画科卒業。写真/撮影監督技術を追究するかたわら、監督兼写真家Patrick Hoelck氏に師事。その間、個人でもPV監督や写真家として活動する一方で、風景写真家・白川 義員氏のアメリカでのプロジェクト等にも参加。International Photography AwardsやPrix de la Photographie Paris等、写真コンペティションのプロフェッショナル部門でも数々の受賞歴がある。帰国後、現在は大阪・ギミックス プロダクションに所属。日米メディア協会メンバー。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング