日本初!個人情報と環境保護を実現する【個人情報書類回収BOX】を設置

@Press / 2013年11月12日 14時30分

回収、リサイクルの流れ
株式会社デルエフ(所在地:東京都荒川区、代表取締役:新井 英一)と株式会社ローソン(所在地:東京都品川区、代表取締役CEO:新浪 剛史)は、2013年10月より「個人情報書類回収BOX」をナチュラルローソン店舗へ順次導入し、「個人情報書類」の回収とリサイクルを行っています。


ご家庭から排出される主な「個人情報書類」は、可燃物として市町村の施設で焼却処理されており、エコサイクルに配慮した処理はあまり普及していません。また、住所や名前などが記載された個人情報書類の保護は個人レベルではなかなか普及していません。株式会社デルエフとナチュラルローソンは、店舗に「個人情報書類回収BOX」を設置することで、適切な「個人情報書類」の処理とリサイクルを可能にする取り組みを行います。「個人情報書類回収BOX」は、店舗から回収後、デルエフセンターで確実に処理され、製紙会社などによりトイレットペーパーなどに再資源化されます。

【回収、リサイクルの流れ】
http://www.atpress.ne.jp/releases/39924/1_1.jpg

【店舗設置イメージ】
http://www.atpress.ne.jp/releases/39924/2_2.jpg


また、デルエフで導入している国内最大級の大型シュレッダーは、家庭用、業務用シュレッダーに比べ、よりリサイクルに適した「繊維を残す」方式を採用、リサイクル率の向上を実現しています。
書類の回収においても、BOXごとにバーコードで管理、鍵はデルエフの回収担当者以外には貸与しないなど、安全面にも配慮しています。

気軽に、安心して、環境保全にもつながる社会貢献型の「個人情報書類回収BOX」。


ナチュラルローソンへの「個人情報書類回収BOX」の導入は、10月に22店舗、11月に25店舗、12月に20店舗を予定しています。店内へ設置する「個人情報書類回収BOX」は、投函口を狭く設計し紙類以外の投入ができないよう工夫されています。実験店舗(5店舗)では多くのお客様にご利用いただき、2012年1年間で回収した書類をトイレットペーパーにリサイクルした場合の換算値は431個となりました。

公共性の高いコンビニへ「個人情報書類回収BOX」を設置することで、個人レベルでも気軽に安全に個人情報を処理できる環境を整えます。

デルエフでは、今後も社会貢献・環境負荷の低減へ繋がる取り組みを行ってまいります。


●会社概要について
社名  : 株式会社デルエフ
本社  : 東京都荒川区南千住6-9-8
代表  : 新井 英一
設立  : 昭和10年4月
事業内容: 機密書類の廃棄処理
URL   : http://del-f.co.jp

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

店舗設置イメージ

@Press

トピックスRSS

ランキング