電子納品の効率アップ!施設台帳・機器台帳のXMLファイル作成システム『施設・機器台帳作成ツール Ver.5』を10月30日に発売

@Press / 2013年10月29日 14時0分

施設台帳
 積算ソフト、電子納品ソフトなどを開発する株式会社システムイン国際(代表取締役社長:水馬 久司)は、2013年10月30日、『施設・機器台帳作成ツール Ver.5』の販売を開始いたします。Ver.5で新規対応した平成24年度版の施設・機器台帳の個別管理項目は、東日本大震災での教訓から『電源』(常用、予備)『遠隔操作方法』など新規項目が追加された大幅改訂となっています。

URL: http://www.system-inn-kokusai.co.jp/cals2/fnver5/fnver5.html


【背景】
 東日本大震災において、水門などの現場操作員が多数犠牲となりました。海岸関係省庁(農林水産省及び国土交通省)は、この教訓を踏まえ、現場操作員の安全の確保を最優先とし、水門などの操作を確実に実施できるよう検討を行っております。
平成24年12月に改訂された『電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード』においても、津波・高潮による災害に対して、水門・陸閘などを安全かつ迅速・確実に閉鎖するための施設・機器の主要諸元項目の見直しがされております。
 今後は、これらの見直しに沿った台帳資料の作成が必要となります。


【Ver.5の概要】
 Ver.1の発売から10年目を迎えた『施設・機器台帳作成ツール』が新しくなりました。
・大幅改訂された「国土交通省 電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード 平成24年12月版」に対応しました。
・単独使用が可能になり、お求めやすくなりました。(Ver.4までは『電子納品物作成閲覧システム Calssist with Calcheck』のアドオンソフトでした。)


【対応要領】
国土交通省 電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード 平成24年12月版
国土交通省 電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード 平成18年3月版
国土交通省 電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード 平成16年6月版
農林水産省 電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード 平成19年4月版
農林水産省 電子納品要領(案)機械設備工事編 施設機器コード 平成17年4月版


【対応台帳】
■水門    :ダム用水門、河川用水門、ダム管理設備 他
■ポンプ   :揚排水ポンプ設備、トンネル非常用施設、消融雪設備、
        道路排水設備、共同溝付帯設備 他
■トンネル道路:トンネル換気設備、トンネル非常用施設、消融雪設備、
        道路排水設備、共同溝付帯設備、道路管理設備 他

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング