日経BPコンサルティング調べ 「全国大学サイト・ユーザビリティ調査 2013/2014」10月31日発行・発売 大学Webサイトの使いやすさ1位は福岡工業大学―― スマートフォン対応の大学は5割、うち1割は「メニューページだけ」 ――

@Press / 2013年10月31日 11時0分

表1
株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、大学Webサイトのユーザビリティ(使いやすさ)を評価した「全国大学サイト・ユーザビリティ調査 2013/2014」の結果をまとめた。

10回目となる今回の調査では、新たに「スマートフォンへの対応」と「サイト内検索」を診断指標に加え、計8つの指標でサイトのユーザビリティを診断した。対象大学は、学部学生数の多い国立・公立・私立の211大学サイト。


【調査結果のポイント】
■総合スコア・ランキングは、1位が福岡工業大学(私立)、2位が大阪府立大学(公立)、3位が岡山大学(国立)。
■スマートフォンの画面に合わせてデザインしたページを用意している大学は5割。ただし、そのうちの1割はメニューページだけのスマートフォン対応にとどまっていた。
■サイト内検索で教員一覧ページを探せない大学が多い。学生が想起する「教員一覧」の代わりに、企業向けに「研究者一覧」の名称を付けていることが大きな理由。


【調査結果データ】
《総合スコア・ランキング》1位と2位の順位が入れ替わり、福岡工業大学が1位、大阪府立大学が2位に
総合スコア・ランキング1位は福岡工業大学(私立)。前回まで2年連続で1位だった大阪府立大学(公立)は2位となり、1位と2位の順位が入れ替わった。3位には前回5位の岡山大学(国立)が入った(参考資料:総合スコア・ランキング、ベスト20)。

《指標別データ》
●スマートフォン対応:5割の大学が対応。ただし、そのうちの1割は情報ページへの対応が進まず
スマートフォン(以下、スマホ)の画面に合わせてデザインしたページを用意している大学は48.8%だった。ただし、このうち10.4%にあたるサイトでは、トップページを含むメニューページだけがスマホに対応。新着情報や入試情報といった情報ページ(コンテンツページ)はほとんどがPC用ページのままだった(*)。大学サイトにはスマホからのアクセスが急増しており、大学もこれに応えるようにスマホ対応を急いでいる。
(*) スマホ対応の情報ページが3種類以下の場合は、情報ページのスマホ対応が進んでいないとみなした

●サイト内検索:「教員」で教員一覧ページが探せたサイトは3割にとどまる
サイト内検索では、検索キーワードによってヒット率は異なった。検索キーワード「奨学金」で奨学金についての情報ページが見つけられた大学は77.3%と高かった(**)。一方、検索キーワード「教員」で教員一覧ページが見つけられた大学は30.3%と低かった。企業からの利用を想定して「研究者一覧」というタイトルを付けていることが大きな理由だ。本文に「教員」を入れるなどの工夫で、学生が想起する「教員」というキーワードでも検索できるようにするべきだろう。
(**) 検索結果の上位3番目までに、分かりやすいタイトル/要約文とともに挙がった場合を「見つけられた」とした

@Press

トピックスRSS

ランキング