“日常更新”“時限送信”―これからの遺書のあり方を実現 多機能型インターネット遺書作成サイト「e遺書.jp」、サービス正式開始~ユーザーの少年期から老後までの生涯を、未来の受取人へ~

@Press / 2013年10月31日 11時0分

「e遺書.jp」ロゴ(商標登録第5368880号)
株式会社ローデッド(本社:東京都港区、代表取締役:村井 隆彦)は、日記のように気軽に綴れる、多機能型インターネット遺書作成サイト「e遺書.jp」を2013年10月30日に正式オープンいたします。

「ありがとう」を遺そう。「e遺書.jp」: http://e-isho.jp/

「e遺書.jp」は、2011年にテスト公開を開始し、運用面とユーザー利用面、及びセキュリティの各信頼性の検証とテストを経て、昨年はユーザーからの新機能要望の実装を行ってまいりました。
このたび、セキュリティ・運用面の強化、また新機能の実装を完了し、正式にオープンする運びとなりました。


■「e遺書.jp」について
終活・エンディングノートという言葉が一般的に用いられるようになった現在でも、“遺書”は、死のイメージがつきまとうため、手がつけづらい現状になっています。「e遺書.jp」はそのような遺書のイメージを払拭するWEBサイトです。
従来の遺書は、便箋に綴っておいたものが近親者によって発見されるだけのものでしたが、インターネットを利用した「e遺書.jp」に進化させたことで、以下の画期的な機能をユーザーに付与することが可能になりました

「e遺書.jp」は、国内のブログ・SNS・掲示板における各世代への急速な浸透に見受けられる「文章・日記による自己表現欲求」が高い日本の国民性(※1)に根ざしたウェブ上の新サービスであり、またお世話になった方や友人、恋人、家族、親族に向けて感謝や謝意、励ましの気持ちを自分の死後に遺すための文書「人生最期の感謝状」としての遺書の復権・再認識を目的に、利用料無料にてサービス提供されます。
少年期~中高年期~老後の生涯を通じて、出会う大切な方へ。その方に向けて、ユーザーは感謝や謝意などの個人的な想いを「日記を綴るような感覚」で更新し、e遺書をつくり続けていきます。

また、本サイト特性から、ユーザーが後世に遺したい善意のモチベーションに期待し、各慈善団体と提携し、寄付・臓器提供意思表示(※2)としての役割を本サイトに付与しております。

※1.ルイス・ベネディクト(米 文化人類学者)
※2.公益社団法人日本臓器移植ネットワーク( http://www.jotnw.or.jp/ )承認でマイページ機能に追加。


■「e遺書.jp」の機能
【受取人への送信方式】
ユーザーが、自分のe遺書を受取人へ確実に届けるために、2つの送信方式を用意しております。(添付画像参照)

@Press

トピックスRSS

ランキング