ケアネット、医師1,000人にスマートデバイスの利用状況を調査医師の4割がタブレットを所有、年代を問わず利用者が急増

@Press / 2013年10月31日 10時30分

医師のスマートデバイス所有率
医師・医療従事者向け情報サービスサイトを運営する株式会社ケアネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大野 元泰、証券コード:2150)は2013年10月18日、当社医師会員1,000人に対し、スマートフォン(以下、スマホ)とタブレット型端末(以下、タブレット)の利用状況を調査しました。電子カルテや遠隔画像診断など、医療分野でもICT化が進むなかで、医師のスマートデバイスの利用状況に変化はあったのか、2011年、2012年に実施した調査結果と比較しご報告致します。


【結果概要】
◆医師の4人に1人がスマホとタブレットを両方所有
全体ではスマホ・タブレットのいずれかを所有している医師が37.9%、いずれも所有していない医師が35.4%、両方所有していると答えた医師は26.7%となり、医師の4人に1人がスマホとタブレットを両方所有しているという結果になった。

◆40代50代を中心にスマホへの移行が進む
スマホの所有率は、医師全体では、2012年の調査から9ポイント増えて47.6%となり、年代別では、30代以下が前年の調査から6ポイント増えて60.2%、40代が12.3ポイント増えて54.8%、50代が9.6ポイント増えて38%、60代以上が4.8ポイント増えて30.6%となった。若い世代だけでなく40代50代の世代でもスマホが普及している様子が見受けられた。

◆年代を問わずタブレットの所有率が急増
今回の調査では、タブレット所有率の急増が顕著に見られた。医師全体では、2012年の調査から14.5ポイント増えて43.7%となり、年代別では、30代以下が前年の調査から16.7ポイント増えて48%、40代が14.1ポイント増えて46.3%、50代が14.7ポイント増えて39.1%、60代以上が12.6ポイント増えて41.8%となり、年代を問わずにタブレットの所有率が急増していることがわかった。

◆医師の中ではiOSが根強い人気、スマホ、タブレットともに過半数を占める
医師が所有しているスマホのOSを尋ねたところ、iOSが55.3%、Androidが45.4%と、iOSが過半数を超える結果となった。MM総研が発表した一般市場のスマホOSのシェア(*)は、Androidが63%、iOSが35.6%と、Androidが過半数を超えているだけに、医師の中では未だiOSが根強い人気を誇っていることがわかった。

@Press

トピックスRSS

ランキング