月1万円以下でネイティブと週3英会話!英会話レッスンに特化したC2Cマーケットプレイス「スキマトーク」が本格稼働開始

@Press / 2013年10月31日 11時0分

スキマトークとは
世界中の先生から英語を学べるオンライン学習サイトを開発・運営するSkimaTalk, Inc.(本社:米国カリフォルニア州ベルモント市)は、「スキマトーク」サイト( http://www.skimatalk.com/jp )ベータ版の提供を終了し、本格稼働を開始しました。


【先生はネイティブだけ!英会話力UPが実感できる「スキマトーク」】
「スキマトーク」は、英語を学びたい人と教えたい人をつなぐマーケットプレイスで、C2C(個人対個人 ※1)のマッチングを行っています。学びたい人は世界中にいる500名をこえる先生の中から、理想の英語の先生を見つけることができ、スカイプを使って、いつでもどこでも英語を学べます。

2012年のベータ版サービス開始から、口コミ中心で、登録メンバー数は4,000名を突破、ベータ版ユーザーの数々のフィードバックをもとに、約9か月のバージョンアップ準備期間を経て、このたび本格稼働を開始しました。

日本には1,000万人以上の英語学習者がいるといわれていますが、スキマトークは、日本でトップ1%レベルの英語力(※2)を目指して、真剣に英語学習に取り組んでいる人(現在の英語力は不問)やすでに高い英語力を持つ上級者を主なターゲットとしています。

これらの英語学習者のうち多くは「ネイティブではない先生との英会話では上達が実感できない」「ネイティブとの英会話レッスンは費用がかかりすぎる」(※3)といった問題を抱えており、ネイティブと話す機会が少ない日本にいたままでは、解決が困難な状況です。

スキマトークではC2Cモデルで、世界で十分に活用されていない個人の時間やスキルを可視化、世界中にいる多様な英語ネイティブスピーカーへのアクセスを可能にし、この問題を解決します。


【スキマトークの3つの特徴】
1. ネイティブとのマンツーマン英会話レッスンで低価格を実現
  (25分約700円~)

「スキマトーク」は、教え方もレッスン時間帯も価格も先生によって違う、個人運営の語学スクールが集まるコミュニティマーケットプレイスです。先生が20%のマーケットプレイス利用料を支払い、直接生徒にサービス提供を行うため、B2Cのサービスと比べ低価格でお得なサービスを受けることができます。低価格でも、各先生は生徒にとってベストと思われる方法で、生徒一人一人をクライアントとして接するため、「涙がでそうなほど感動するレッスン」や「運命的な出会い」(実際に生徒様からいただいたコメント)の提供が可能です。

@Press

トピックスRSS

ランキング