シニア人材活用で外資企業の日本進出をサポート サイエスト、日本進出支援サービス「Japanese Executive Adviser」を開始

@Press / 2014年1月9日 15時0分

海外進出コンサルティングを手掛けるサイエスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:塚崎 義直)は、日本市場への進出・拡大を検討している海外の企業向けに、外資企業でのビジネス経験が豊富な日本人の元上級幹部を顧問として紹介する日本進出支援サービス「Japanese Executive Adviser」を開始しました。
https://www.globalkomon.com/en/


■増加が予想される外資企業の日本参入に対応
2020年の東京オリンピックの影響やTPPをはじめとする各種の参入障壁の緩和が予想される中、日本市場展開を検討する外資企業は増加することが見込まれ、国内の各地方自治体はその誘致・受け入れの制度整備を進めています。
サイエストでは、国内中小企業の海外展開を支援する顧問人材紹介サービス「グローバル顧問」を運営し、海外ビジネス専門の200名を超えるシニアエグゼクティブ人材が登録しており、その中には特に外資企業での日本事業立ち上げの経験が豊富な専門家が多く在籍しています。
サイエストでは、「グローバル顧問」で培ったノウハウと人材を活用することにより、日本進出を検討している外国企業と、外資企業での事業運営経験が豊富な日本人シニア層をマッチングさせる「Japanese Executive Adviser」サービスを開始しました。


■充実した人材リソースとノウハウで、幅広い業務をサポート
「Japanese Executive Adviser」では、米大手通信企業や欧州の半導体メーカーの元日本法人代表の監修の下、外資の日本法人役員や事業部長クラスのOBをはじめとするシニアエグゼクティブや、日本企業の海外展開支援サービス「グローバル顧問」で培ったグローバルビジネスの支援ノウハウを活用し、日本市場展開を検討している外国企業へ本質的なソリューションを提供します。
具体的には、(1) 人脈ネットワークを活かした販路開拓・技術提携支援、(2) ファイナンスや日本法規制対応などのバックオフィス支援、(3) その他人材の確保や総務、労務、財務業務支援などを、リードタイムのない業務委託契約型で提供します。サービスの導入にあたっては、外資企業の日本展開支援経験が豊富な当社のコンサルタントが進出戦略の無料ヒアリングを行い、在籍顧問の中から適したスキルや人脈をもつ人材を紹介します。

「Japanese Executive Adviser」では、初年度の顧問登録者1,000名、100社への支援を目指します。また、積極的に企業や公共自治体との提携も進めながら、海外企業の日本市場進出を支援していきます。


■会社概要
社名     : サイエスト株式会社
設立年月   : 2013年5月
所在地    : 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル12F
事業内容   : 経営コンサルティング事業
         海外進出支援事業
         グローバル人材育成事業
代表者    : 代表取締役社長 塚崎 義直
URL      : http://www.cyestc.com

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング