11月11日“介護の日※1”に先がけ介護者750人に意識調査実施!介護者は「トイレで排泄させてあげたい」が73%と高いが、ご本人は「安定した立位が困難」が約50%※2 体の状態を少しでも維持するトイレ排泄が大切!

@Press / 2013年11月7日 11時0分

介護する夫婦 イメージ
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、大人用紙おむつ市場を牽引するメーカーとしてご本人とその介護者をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。11月11日“介護の日※1”に先がけ、3大介護の中でも最も負担となる『排泄ケア』について、アンケート調査を行いましたので、ご報告します。

※1 厚生労働省が高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民への啓発を重点的に実施するための日として設定
※2 介護者からみてご本人のお体の状態により、紙パンツを履く時に難しいと感じる理由


■調査のまとめ
◆介護者は「トイレやポータブルトイレで排泄させてあげたい」と73%が望む。
◆おむつ装着が困難な理由は「安定した立位がとりにくい」が50%、「転倒の恐れ」が30%。

介護する夫婦 イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/40282/1_1.jpg


■調査の背景
当社は、企業理念に「NOLA&DOLA※3」を掲げ「健康寿命※4を延伸」し、「誰もが、いつまでも、自分らしく暮らすことができる社会=ノーマライゼーション」を実現することを目指しています。近年政府は、元気なお年寄りを増やし、社会保障費の負担軽減を目的に「健康日本21」を発表しています。中でも「閉じこもり予防」について大きく掲げられていますが、当社では、高齢化に伴う虚弱化の時期やスピードをできるだけ紙おむつを通じて遅らせることが重要で、高齢者の「生活機能の維持・回復」や「できることを増やしていく自立」を使命として捉えます。
そこで当社では、普段介護に携わる方へ、3大介護(食事・入浴・排泄)の中でも特に介護者に負担となる排泄介護の実態について、アンケート調査を行いました。今回、そのアンケート結果の一部をご報告いたします。

※3 (Necessity of Life with Activities&Dreams of Life with Activities)の頭文字
※4 日常的に介護を必要とせず、自立した生活が送れる期間


■調査概要
調査対象:ご家族を介護される方
回答者数:750名
調査期間:2013年6月20日~2013年6月27日
調査方法:インターネット調査


■調査結果
(1) トイレやポータブルトイレで排泄させてあげたいですか?
介護者の多くは、トイレやポータブルトイレで排泄させてあげたい「はい」が73%。
http://www.atpress.ne.jp/releases/40282/2_2.jpg

@Press

トピックスRSS

ランキング