フランスの高級腕時計ブランド「B.R.M」日本再上陸!

@Press / 2013年11月7日 10時30分

MK-44 Light Makrolon
 B.R.M(ビー・アール・エム/ベルナール・リシャール・マニュファクチャラー)は、株式会社Allezcore(アレコレ)により、日本市場へ再上陸を果たしました。

B.R.Mホームページ  : http://www.brm-manufacture.com
Allezcoreホームページ: http://allezcore.wix.com/allezcore


 世界最軽量(2013年9月現在)オートマチッククロノグラフ「MK-44 Light Makrolon」をはじめ、スポーツ中におこるムーブメントへの衝撃吸収にサスペンション機能を取り入れた「RG-46」など、存在感を放つコレクションをラインナップしています。


■― B.R.M ブランドコンセプト ―
 B.R.M(ビー・アール・エム)は、2002年にフランスで創業した月産200本をキープするハンドメイドウォッチメーカーです。
 スケルトンモデルの文字盤から、空冷エンジンをモチーフとしたムーブメントがのぞくパワーリザーブ搭載の「R50-TN」、ローターが文字盤の外周を回る「CT-48」や、世界最軽量のオートマチッククロノグラフ「MK-44 Light Makrolon」、ケースとムーブメントの固定にコイルオーバータイプのショックアブソーバーを装着した「RG-46」など、同社のアイテムはすべて「ピュア・レーシングスピリット」をテーマに製作されているのが特徴です。サスペンションパーツやチェッカーフラッグなど、随所に個性的な機能・意匠が施されています。

 B.R.Mが少量生産にこだわる理由のひとつとして、お客様の腕時計をパーソナライズ化(時針・分針・秒針等の針、文字盤、外装パーツ、バンド、色、装飾等)を可能にしていることが挙げられます。例えば、お客様のお車の外装や内装、オプションパーツなどの材質や色をB.R.Mウォッチで表現することが可能です。
 また、独創的でクオリティの高いアイテムを熟練の職人によるハンドメイドで製作することでも知られており、モータースポーツファンのみならず、機械式腕時計ファンからの高い評価を受けています。

 ル・マン24時間耐久レースに参戦の「シグナテック・アルピーヌ/アルピーヌA450・ニッサン」、F1参戦中の「F1ケータハムチーム」ともコラボレート、F1トロロッソチームの「ジャン・エリック・ベルニュ」氏などもB.R.Mの愛用者で、「英雄マリオ・アンドレッティ」氏も三代にわたってB.R.Mのオーナーとなっています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング