グラフィックス市場のさらに幅広いニーズに対応した27.0型モニター、2モデルを発売

@Press / 2013年11月7日 15時30分

ColorEdge CG277、ColorEdge CX271
1.概要
EIZO株式会社(本社:石川県白山市、代表取締役社長:実盛 祥隆)は、27.0型高解像度2560×1440のグラフィックス市場向けカラーマネージメント液晶モニター「ColorEdge(カラーエッジ) CG277」および「ColorEdge CX271」を2013年11月22日に発売します。ColorEdge CG277とCX271はそれぞれ従来機種CG276、CX270の後継で、各種機能・性能を向上させることで、グラフィックス市場のさらに幅広いニーズに対応します。価格はいずれもオープン価格です(※1)。

ColorEdge CG277
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cg277/index.html
ColorEdge CX271
http://www.eizo.co.jp/products/ce/cx271/index.html


ColorEdge CG277(以下CG277)は、ワークフローで厳密な色の管理と運用が求められる、プロフェッショナルフォトやプリプレス、映像制作市場をターゲットにしており、キャリブレーション(※2)を行えるセンサーを内蔵しています。ColorEdge CX271(以下CX271)は、デザインやデジタルフォト、研究開発など、正確な色の表示が求められる市場をターゲットにしており、キャリブレーションした調整結果やプリセットのカラーモードを再調整できる「コレクションセンサー」を内蔵しています。両機種ともに、設定された画面表示を保つための再調整を定期的に自動で実施でき、常に正しい表示で使用できます。

従来機種から性能が向上した点として、CG277/CX271両機種とも、Adobe RGBカバー率99%のIPSパネルの採用や、さらに引き締まった黒色表示を実現しています。また、バックライトに広色域LEDを採用し、従来機種に比べ、標準消費電力を40%削減。さらに、表示のちらつきが気になりにくい調光方式を採用し、疲れ目の緩和効果も期待できます。

ソフトウェア面については、フォト・プリプレス・デザインに適した既存のモニター調整ソフトウェアColorNavigatorに加え、映像制作市場などでの使用を想定し、複数のモニターの画面表示を管理者が一括管理するための専用ソフトウェア「ColorNavigator NX」を新たに開発しました。2014年1月10日からEIZO Webサイトにて無償提供を行います。

@Press

トピックスRSS

ランキング