ベビー用紙おむつ使用者の実態を検証!昼間の赤ちゃんは、大人の約2倍活発に動く 紙おむつは30分後にはズレ、スキマができる(※1)!ママは、モレ防止に紙おむつをしめつけた経験あり68% 体型にフィットした紙おむつ選びが大事

@Press / 2013年11月14日 11時0分

【足を活発に動かす赤ちゃん イメージ】
ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、生活科学研究グループにて乳幼児を対象に昼間の動作を行動コーディングシステム(※2)によって計測し、赤ちゃんの活発な動きによる紙おむつのスキマ発生の実態を検証しました。その結果の一部をご報告します。

※1 赤ちゃんの体型やおむつのつけ方によって、ズレやスキマの発生時間や程度には個人差があります
※2 画像を見ながら、足が動いた時にキーを押すことで動きを時系列で計測

【足を活発に動かす赤ちゃん イメージ】
http://www.atpress.ne.jp/releases/40482/1_1.jpg


■検証のまとめ
◆赤ちゃんは、大人より約2倍以上活発に動く
◆赤ちゃんが、活発に動くことで紙おむつのズレが発生する
◆赤ちゃんが、活発に動くことで紙おむつと体の間にスキマが発生する


■検証の背景
近年、ママたちは赤ちゃんに使用する紙おむつにおいて、モレずに肌に優しいものを使用したいという要望があります。当社では過去10年の研究の末、肌にやさしい素材改良で肌に対する満足度は年々向上してきました。しかしながら、紙おむつのモレの原因は明らかにされていませんでした。特に、パンツタイプの紙おむつ使用時期のモレ原因は、よく動き回るためスキマができやすいことがわかっていましたが、テープ使用時期におけるモレ原因は、どのように発生するのか明らかでありませんでした。
そこで今回は、生活科学研究グループにて、主にテープ時期における赤ちゃんの動きを観察し、紙おむつと体にできるスキマについて検証しました。その、実態の検証結果の一部をご報告します。


■検証の概要
調査対象:4~6ヶ月のテープタイプ紙おむつを使用する健康な日本人の乳児
調査期間:2013年9月3日~2013年9月20日
方法  :日中における赤ちゃんの足の動きを30分間観察し、「行動コーディングシステム(※2)」にて分析。大人の足の動きは、厚生労働省の年齢別1日歩数平均と、25歳~34歳の睡眠時間を参考値として算出した。
また、30分動くときに紙おむつのズレおよびスキマを写真や画像にて確認した。

厚生労働省の歩数参照ホームページ
http://www1.mhlw.go.jp/topics/kenko21_11/b2.html
厚生労働省の睡眠時間参照ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hftyosa/hftyosa00/kekka9.html

@Press

トピックスRSS

ランキング