(ISC)2(R)、新しい医療セキュリティおよびプライバシー認定資格を導入

@Press / 2013年11月8日 18時0分

世界最大の非営利情報セキュリティ専門家団体であり、CISSP(R)の運営母体である(ISC)2(R)(「アイエスシー・スクエア」)は11月4日、医療業界における情報セキュリティおよびプライバシー両方の専門知識を評価する意味で、グローバルスタンダードとしては初となるベーシックレベルの新しい資格認定、HealthCare Information Security and Privacy Practitioner(HCISPP(SM))の提供開始を発表しました。
11月4日より世界各国で取得開始することができるこの資格は、医療雇用者および医療業界の従業員に対し、医療セキュリティおよびプライバシー業務担当者が、特定のセキュリティ上の懸念に対処するために業界が求めているコアレベルの知識と専門技術を有することを立証することを目的としています。


(ISC)2の提供する他のすべての資格と同様、(ISC)2では職務能力分析(JTA)調査を実施し、HCISPP資格の範囲と内容を決定しました。(ISC)2資格保有者の中の当該分野の専門家に加え、香港、欧州、米国の業界著名人が、数回の試験作成ワークショップに参加し、この資格の基礎となるCommon Body of Knowledge(共通知識分野:CBK(R))の策定に貢献しました。

HCISPPとは、セキュリティおよびプライバシー業務担当者が、慎重に扱うべき患者の健康情報のプライバシーとセキュリティを保護するための適切な管理に関する知識を有していること、そしてこれらの業務担当者が医療プライバシー領域への専門性を担保しているということを実証するものです。これは、医療情報セキュリティおよびプライバシーの実践に関し、グローバルで受け入れられている標準を反映したベーシックレベルな資格です。HCISPPは、慎重に扱うべき医療データを保護する責任を負う幹部に対し、組織が情報セキュリティに必要な人的資源への投資を積極的、かつ確実に行っている事を実証します。

HCISPPを取得するには、出願者がセキュリティ、コンプライアンス、プライバシーを含む資格の知識領域の1つにおいて、2年以上の経験を積まなければなりません。法律に関する経験はコンプライアンスに関する経験に、情報管理に関する経験はプライバシーに関する経験に代えることができます。2年のうち1年は医療業界での経験が必要です。HCISPPを取得するには、どの受験者も以下の6つのCBKドメインそれぞれにおいて、能力があることを示さなければなりません。

@Press

トピックスRSS

ランキング