耐食・耐摩耗の高性能バイメタルボイラーチューブ・パネル『DHFバイメットBT&P』、登録商標に認定

@Press / 2013年11月13日 10時30分

DHFバイメットBTPのIH曲げ加工
 高周波誘導加熱(IH)を利用する生産技術を中心に事業展開をする第一高周波工業株式会社(略称:DHF、本社:東京都中央区、代表取締役社長:平山 鋼太郎)は、提供する高性能バイメタル(2層金属)ボイラーチューブ・パネルの製品名『DHFバイメットBT&P』が特許庁によって登録商標として認定されたことを発表いたします。

製品情報: http://www.dhf.co.jp/products/hardfaced/boiler-tube.html


 DHFは、高周波誘導加熱(IH)を利用する生産技術をコア技術とし、パイプの曲げ・樹脂コーティグ、各種産業機器用部品の熱処理・表面処理、産業用IH機器の製作・販売を行う、1950年創業の企業であり、この業界においてはIH技術のパイオニア的存在の老舗です。
 DHFでは、本年4月より、新たに社内プロジェクトチームを編成し、長年にわたり蓄積した技術・ノウハウを駆使して独自に開発し、製造可能となった、高性能バイメタルボイラーチューブ・パネルの本格的な市場拡大に取り組んでおります。
 その営業戦略の一環として、競合他社との差別化及び、ブランド化によるターゲット市場・潜在顧客へのアピールと、認知度のアップを実現するため、本製品に独自の製品名『DHFバイメットBT&P』を付け、特許庁に商標登録の申請をしておりました。今回の正式認定により、一層の市場拡大に取り組んでいきます。

【『DHFバイメットBT&P』とは】
 『DHFバイメットBT&P』は、高周波誘導加熱処理により、ボイラーチューブやボイラーチューブパネルの表面に優れた耐摩耗・耐食性を有する合金ライニングを形成した2層金属(バイメタル)チューブ・パネルです。
 バイオマス発電用流動床型ボイラーや製鉄所でのCDQ炉排ガス熱回収用ボイラー、ゴミ焼却炉用水壁パネル等でご使用頂き、メンテナンスフリーでの長時間運転による保全コストの削減、水管プロテクター不要による熱効率の向上と発電量の増加等の実績を挙げ、お客様から高い評価を得ております。


【市場背景と『DHFバイメットBT&P』】
1) 東日本大震災による、福島第一原子力発電所での事故に起因する脱原発の動き(原子力から化石燃料による発電への回帰)
2) 地球温暖化防止対策・低炭素社会実現の為の再生エネルギー活用、更にその一環としてのバイオマス発電の増加、火力発電効率の一層の向上
3) エコ意識の高まりによるゴミ焼却場で発生する熱の一層の有効利用
4) FIT(再生可能エネルギー特別措置法)施行等の法的後押しによるバイオマス発電事業の促進・拡大

@Press

トピックスRSS

ランキング