メディケア生命保険株式会社調べ 老後に夫婦で一緒にやってみたい “クルーズトレイン旅”約3割

@Press / 2013年11月12日 14時30分

話題のJR九州「ななつ星」のような“クルーズトレインでの旅行” 約3割が老後に夫婦で体験を希望
メディケア生命保険株式会社( http://www.medicarelife.com/ )(本社:東京都江東区、取締役社長:寺崎啓介)は、「家族の絆と老後の生活に関する意識調査」をモバイルリサーチ(携帯電話によるインターネットリサーチ)により、2013年10月18日~10月22日の5日間において実施し、親・配偶者・子どもがいる40~59歳の男女1,000名の有効サンプルを集計いたしました。(調査協力機関:ネットエイジア株式会社)


11月11日や11月22日が何の日かご存知でしょうか。11日は介護の日、22日はいい夫婦の日で、それぞれ、「いい日、いい日」や「いい夫婦」といった語呂合わせで定められています。介護は、誰もがする側・される側になる可能性のあることであり、配偶者は結婚している方にとって最も身近な家族ではないでしょうか。こうした、暮らしと密接に関わる記念日を前に、親・配偶者・子どもがいる40~59歳の男女1,000名(全回答者)を対象として、「家族の絆と老後の生活に関する意識調査」を行いました。


◆ 11月11日「介護の日」認知率5%、11月22日「いい夫婦の日」は87%
◆ “配偶者との絆”が強い約8割、“子どもとの絆”が強い約9割

まず、全回答者(1,000名)に、≪11月11日が介護の日であること≫を知っていたか聞いたところ、「知っていた」は4.9%にとどまり、「知らなかった」が95.1%と、介護の日があまり知られていないことがわかりました。
次に、≪11月22日がいい夫婦の日であること≫を知っていたか聞いたところ、「知っていた」は86.9%になりました。いい夫婦の日にちなんだイベント開催などの影響もあり、いい夫婦の日は大半の方が認知しているようです。
また、介護や夫婦といえば、キーワードの1つに“絆”が挙げられると思いますが、家族との絆の強さはどの程度か聞いたところ、『強い』(「非常に強い」と「やや強い」の合計)と答えた割合は、≪自身の親≫では74.4%、≪配偶者の親≫では42.7%、≪配偶者≫では78.8%、≪子ども≫では87.6%となりました。自身の親や子ども、パートナーに対して強い絆を感じている方が多いことがわかりました。


◆ 親孝行は代々受け継がれる!? 親孝行している人の方が親孝行されている傾向

自身の親との間に強い絆を感じている方が4人に3人の割合となりましたが、全回答者(1,000名)に、“親孝行”に関する意識を聞いたところ、≪自分は親孝行をしていると思う≫では、同意率(『あてはまる』、「非常にあてはまる」と「どちらかといえばあてはまる」の合計)は43.7%となりました。親との間に強い絆を感じている方は多いですが、それを親孝行という実際の行動で表している方は半数以下となりました。
また、≪自分は親孝行されていると思う≫では、同意率が52.5%となりましたが、これを親孝行している層(437名)と親孝行していない層(563名)に分けてみると、親孝行している層では同意率が65.0%と、親孝行していない層の42.8%を大きく上回り、親孝行をしている方ほど、自分も親孝行をされていることが明らかになりました。親孝行も代々受け継がれていくのかもしれません。

@Press

トピックスRSS

ランキング