11月11日は鮭の日!新潟県村上市の鮭販売店 永徳「鮭乃蔵」が12月11日まで『期間限定「鮭の日」特別商品』を11%OFF 11,110円で販売~村上市の鮭の恩人「青砥武平治」生誕300年祭に合わせて~

@Press / 2013年11月12日 17時0分

「鮭の日」特別商品
新潟県村上市の鮭加工・販売を行っている株式会社永徳(責任者:代表取締役 永田 政義)はこの度、11月11日「鮭の日」にあわせて12月11日までの1ヶ月間で『期間限定「鮭の日」特別商品』を永徳「鮭乃蔵」公式通販サイトで販売いたします。永徳の主力商品を盛り込み、11%OFFの11,110円とお得な商品になっております。

また村上市の鮭の恩人「青砥武平治」生誕300年祭が2013年11月9日、10日の2日間、新潟県村上市で実施されました。株式会社永徳も村上鮭加工業組合として「青砥武平治生誕300年祭実行委員会」に関わり協力させていただきました。今後も村上市の鮭文化・加工品の認知度向上にむけて、様々な取り組みをしていきます。


【永徳「鮭乃蔵」 『期間限定「鮭の日」特別商品』】
永徳「鮭乃蔵」では、11月11日の「鮭の日」から12月11日までの1ヶ月間、鮭の日と青砥武平治生誕300周年を記念して『期間限定「鮭の日」特別商品』を販売いたします。永徳「鮭乃蔵」の人気商品を盛り込んだ非常にお得な商品となっております。

定価  :12,499円
販売価格:11,110円[11%OFF](税込)
     ※送料無料
     ※冷凍でのお届けとなります。

商品のご案内はこちら http://www.nagatoku.co.jp/SHOP/131111.html


【鮭の日の由来】
新潟県村上市の日制定委員会が1987(昭和62)年に、大阪3中央卸売市場の卸会社2社と仲卸業者3組合が活動母体となった「鮭の日制定委員会」が1992(平成4)年に、11月11日を鮭の日として制定し、2003(平成15)年に日本記念日委員会より正式に11月11日が鮭の日として認定されました。
「鮭」の旁の「圭」を分解すると「十一十一」になることから11月11日は鮭の日とされています。


【村上市の鮭の恩人「青砥武平治」生誕300年祭】
村上市と鮭の関係は古く、平安時代に朝廷に越後国から鮭が献上されていた記録があり、それは村上の鮭ではないかと言われています。その永い関わりから村上市には100種類以上の鮭料理が伝わり、1世帯あたりの鮭の年間消費量は28尾(1994年度村上市勢要覧)と鮭の消費量が日本一多い町と言われております。村上市の鮭産業にとって江戸時代中期に活躍した村上藩士・青砥武平治(あおとぶへいじ・1713~88)は「中興の祖」とも呼べる存在で「鮭の町・村上」の名を確固たるものにしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング