ネオキャリアとフロムスクラッチが合弁会社『マーベリック』を設立 日本のWeb広告に最も適した独自のDSPサービス「Sphere」を12月にリリース

@Press / 2013年11月12日 16時30分

Sphere
株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区、代表取締役:西澤 亮一、以下 ネオキャリア)と株式会社フロムスクラッチ(本社:東京都新宿区、代表取締役:安部 泰洋、以下 フロムスクラッチ)は、合弁会社「マーベリック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:美留町 督、以下 マーベリック)」を設立致しました。

マーベリックでは、ネオキャリアの強みである「採用力」から優秀なエンジニアの参画を促し、それによる広告配信システムの「技術開発力」と「大量のオーディエンスデータ」、フロムスクラッチが強みとする「Webコンサルティング」と「顧客リソース」を活かし、本格的に広告配信システム事業へ参入致します。


◆DSP広告配信システム「Sphere」(12月2日リリース)
最新のAdTechnologyを元に、独自のDSPサービスを展開してまいります。

・600億を超えるビットリクエストを保有するDSP機能
・特許申請技術の自動属性cookie発行システムによる2,000万uidを超えるDMP機能
・DMPを利用して新規ユーザーからレコメンドバナーを配信できる機能 等

メディア、ユーザー、クライアントの3者に対して、従来のサービス以上の効用と、新しいメリットを提供するプロダクトとなっております。


◆新会社設立の背景と狙い
インターネット広告市場は配信技術の進歩と共に今後も著しい成長が期待されています。ネオキャリアでは2012年11月よりトレーディングデスク事業に参入し、半年で約200社程度の導入を実現、2013年4月から優秀エンジニアの参画を促す「採用力」を活かした「技術開発力」と、大量のオーディエンスデータを活用した広告配信システムの提供をスタートしております。
フロムスクラッチは、インターネットマーケティング領域での総合コンサルティングを実施し、SEOやリスティング広告等、経営戦略に沿ったWebソリューションを提供しており、DSPの運用に関しても専門チームを設置し高いノウハウを保有しております。

こうした中で両社は、企業のマーケティング担当者が持つ効果的効率的なインターネット広告配信へのニーズを満たすためにも、両社がこれまで培った知見、技術を活かし新たな広告配信プラットフォームを提供する合弁会社を設立致しました。

マーベリックではまず始めに、DSP広告配信システム「Sphere」及び採用ターゲティング広告「N-Tage」を、「Sphere R」とサービスブランドを刷新し、その上で本ソリューションにより得られたデータを収集・蓄積することで新たな広告配信プラットフォームの創出を目指し、将来的にはメディアや広告インフラの提供につなげていく方針です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング