ジェーシードゥコーはユーメックス社の株式の85%を取得

@Press / 2013年11月14日 10時30分

世界第1位の屋外広告会社であるジェーシードゥコー(フランス)と三菱商事の合弁企業であるエムシードゥコー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:ジャンコーム ランフランキ)は、親会社であるジェーシードゥコーがラテンアメリカでストリートファニチャーを展開するユーメックス社の株式の85%を取得する契約を締結したことを発表しました。


ユーメックス社は1995年に設立され、ラテンアメリカの9つの国々(メキシコ、グアテマラ、コスタリカ、エルサルバドル、パナマ、ドミニカ共和国、コロンビア、チリ、アルゼンチン)でビジネスを展開し、2013年には5,600万米ドル(4,000万ユーロ)の売上が見込まれ、今後も創業者がジェーシードゥコーと共に事業を行います。ユーメックス社は中央アメリカ、コロンビア、チリのマーケットリーダーです。


ジェーシードゥコーは、主なシナジー効果が期待できるチリやブラジル、ウルグアイ、アルゼンチンにて既に事業を行っておりますが、この買収により7つの新しい国でも既存の顧客とビジネスを行うポジションに位置づけられます。ラテンアメリカで一人当たりGDPの高い10の人口集積都市のうち6つ(サンパウロ、メキシコ、ブエノスアイレス、サンチアゴ、ボゴタ、モントレー)を含む主要都市に進出することで、ジェーシードゥコーラテンアメリカは合計36,000の広告パネルを販売し、高成長の続くデジタル領域を含む、グループの専門性をラテンアメリカ全域に展開することとなります。


リリース全文: http://www.atpress.ne.jp/releases/40652/a_5.pdf

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング