『センチュリーコート丸の内』クリスマスディナー

@Press / 2013年11月15日 18時0分

「ロゼット」クリスマス2013
東京・丸の内にて、荘厳な建築を誇る国の重要文化財「明治生命館」。その地下1階に位置するクラブレストラン「センチュリーコート丸の内」では、12月23日(月)~25日(水)の期間、メインダイニングの「ロゼット」におきまして“伝統を更新する、モダンクラシック”をテーマとしたクリスマスディナーをご用意します。
シェフ鏡 智行が一年の集大成として臨むクリスマスディナーは、“伝統的な料理を新しく創造する”という想いを込め、蝦夷鮑、タラバ蟹、アンコウ、フランスより入荷するランド産フォアグラ、ビュルゴー家シャラン鴨など、素材を選り抜いて創る渾身のコース料理です。皇居を望む国の重要文化財・明治生命館にて、特別な夜をお楽しみください。

■ 「ロゼット」クリスマス2013
日 時: 12月23日(月)~25日(水) 17:00~23:30(21:30LO)
料 金: お一人様 15,750円(サービス料10%別途)
所在地: 東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 B1F
ご予約: 03-3213-1711

■ メニュー内容
 クロック・マダムをトリュフの香るヴルーテに仕立てて
 ランド産鴨フォアグラのテリーヌ アリコ・ベールと彩り野菜のサラダ・リッシュ 2013
 蝦夷鮑のブルギニヨン
 タラバ蟹、鮟鱇、鱈の白子 ブイヤベース・アラ・ロゼット
 ビュルゴー家のシャラン鴨ロティ ソース・オランジュ じゃがいものグラタンサボワ風を添えて
 オムレット・ノルヴェジェンヌのブッシュ・ド・ノエル
 お持ち帰りギフト(特製バター、ドレッシング、ハスカップジャム、シュトレーン)

◇ 『センチュリーコート丸の内』 について
『センチュリーコート丸の内』は、1934年に竣工され、昭和の激動を乗り越えた国の重要文化財「明治生命館」の地下1階、400坪に2008年7月にオープンしたクラブレストランです。複合飲食施設として、フレンチ「レストラン ロゼット」、和食「二十四節季 朔 -SAKU-」、バー「マーブル」、パーティールーム「アカンサス」の他、会員制クラブ(会員専用エリア)を備えます。「レストラン ロゼット」では、鏡 智行シェフによるコース料理(10,500円〜)と、併設した「シェフズテーブル」にて鉄板焼き(鉄板コース料理12,600円〜)をお楽しみいただけます。和食「二十四節季 朔」では林 滋治料理長が手がけるはお任せコース(10,500円)をご提供します。献立は二週毎に変更いたします。会員制クラブは、約1,400名のメンバーが所属。メンバーは館内の会員専用エリアを利用できる他、『センチュリーコート丸の内』及び提携レストラン6 店舗にて優待利用が適用されます。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング