日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【近畿編】「親しみが持てる」近畿大学、「グローバル/国際交流が活発」な関西外国語大学 大学ブランド力トップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学

@Press / 2013年11月22日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売します。

 全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただきました。本リリースは、【近畿編】有職者からの回答結果に関するものです。

本リリースURL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_5/


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)
・トップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学

■その大学「ならでは」の魅力として
・「親しみが持てる」近畿大学は、「広報活動に力」「地域産業に貢献」など大学組織の取り組みにも高評価
・「グローバル/国際交流が活発」「語学に長けている」では関西外国語大学が第1位

大学ブランド・イメージ調査 2013-2014 URL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/report/ub2014/

【調査結果データ】
■大学ブランド力のトップ3は、京都大学、大阪大学、同志社大学
 近畿地方の主要大学66校における「大学ブランド力」第1位は、91.7ポイントを獲得した京都大学。第2位は大阪大学(75.8ポイント)、第3位には同志社大学(69.4ポイント、私立大学中では第1位)が続いた。公立大学では、大阪市立大学(58.8ポイント、第9位)が最も高い結果となっている(表1)。トップ10の中には、国公立大学のほか、いわゆる「関関同立」4校と、近畿大学の計5校の私立大学がランクイン。その内の立命館大学は第5位に入った。自由意見では、2015年4月に開設予定の茨木市の新キャンパスに関するものも見受けられた。また、第11位以降に、「同志社女子大学」「京都女子大学」「奈良女子大学」などの女子大学が並ぶ。

■「親しみが持てる」近畿大学、「グローバル/国際交流が活発」な関西外国語大学
 大学のイメージについて49項目それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表2)。今回の調査では、「親しみが持てる」大学として、近畿大学が第1位を獲得した。「広報活動に力を入れている」「地域産業に貢献している」など、大学組織の取り組みに対しても評価が高い。また、関西外国語大学は、「グローバル/国際交流が活発」や、学生が「語学力に長けている」など、国際的なイメージに関する項目で首位となった。

@Press

トピックスRSS

ランキング