日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【中国・四国編】全国9ブロック中で唯一、大学ブランド力トップ5を国立大学が独占 広島工業大学、ノートルダム清心女子大学などが、「ならでは」の魅力が伝わる大学に

@Press / 2013年11月22日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売します。

 全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただきました。本リリースは、【中国・四国編】有職者からの回答結果に関するものです。

本リリースURL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_6/


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)
・全国9ブロック中で唯一、トップ5を国立大学が占める

■その大学「ならでは」の魅力として
・「親しみが持てる」「創造力がある」など7項目で広島工業大学が第1位
・「礼儀正しい」「語学に長けている」など、学生イメージが訴求されているノートルダム清心女子大学

大学ブランド・イメージ調査 2013-2014 URL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/report/ub2014/

【調査結果データ】
■大学ブランド力トップ5を国立大学が独占。第1位は広島大学
 中国・四国地方の主要大学58校における「大学ブランド力」第1位は、92.1ポイントを獲得した広島大学。第2位は岡山大学(82.1ポイント)、第3位愛媛大学(63.3ポイント)、第4位徳島大学(60.4ポイント)、第5位香川大学(59.2ポイント)と続いた。私立大学では、ノートルダム清心女子大学(57.1ポイント)が最も高く第6位、岡山理科大学(56.1ポイント)、広島工業大学(55.6ポイント)が続く。公立大学で最も高いのは、県立広島大学、広島市立大学、山口県立大学で、同率18位(50.6ポイント)となった(表1)。

■「親しみが持てる」広島工業大学、「語学に長けている」ノートルダム清心女子大学
 大学のイメージについて49項目それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表2)。今回の調査では、大学ブランド力第6位のノートルダム清心女子大学が、「礼儀正しい、上品である」「語学に長けている」の項目で第1位を獲得。大学ブランド力第10位の広島工業大学が「親しみが持てる」「創造力がある」など、7項目で首位に立った。また、大学ブランド力第2位の岡山大学は、第1位の広島大学と10.0ポイントの差が開いたが、イメージ項目では「教育機関としてビジョンがある」「時代を切りひらいている」など将来性を感じさせる項目でトップの座を得ている。

■「2018年問題」が叫ばれる中で、「選ばれる大学」になるために
 大学ブランド力と入学推薦率(その大学への入学を薦めるかという別設問から数値化)には強い相関(相関係数0.9以上)が認められている(表3)。ステークホルダーは、その大学を「知っている」だけではなく、その大学「ならでは」の魅力を理解することにより、子どもや友人、知人など周りの人への入学を薦める意向を高めているといえる。2018年以降、18歳人口が大幅に減少する「2018年問題」が近づいている厳しい大学経営環境の中で、受験・入学時に「選ばれる大学」になるためには、自校「ならでは」の魅力やポジションを再確認し、ブランド力を効率的に向上させることが必要となってきている。大学ブランドに関するこれらのデータをぜひ、客観的指標として活用いただきたい。
(中村 美穂=日経BPコンサルティング)


「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【北海道・東北編】【北関東・甲信越編】【首都圏編】【北陸・東海編】【近畿編】【中国・四国編】【九州・沖縄・山口編】
 全国の主要大学計468校(医科大学や体育大学、短期大学などは除外)の「大学ブランド力」算出を目的としたインターネット調査。日経BPコンサルティング調査モニターを中心に、同地域にお住まいのお仕事をお持ちの方(有職者)や、中学生以上の子どもがいる父母、教育関連従事者に回答を依頼。「地域産業への貢献度」や「研究施設の充実度」、また学生の「語学力」や「コミュニケーション能力の高さ」など大学や在学生へのブランド・イメージ49項目を測定し、それらをまとめた大学ブランド力(偏差値)を算出してランキング化した。調査設計や分析にあたり、企業ブランドおよび製品/サービスブランドの調査で実績のある「ブランド・ジャパン」で培ったノウハウを活用し、調査するイメージ項目を洗い出した。調査期間は2013年8月1日~9月1日、本リリースで結果を掲載した有職者の有効回答数は、2,475件(中国・四国編)。2013年11月22日に地域ごとの調査結果報告書を発行。
( http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_6/ )


・表1
http://www.atpress.ne.jp/releases/40749/a_1.png

・表2
http://www.atpress.ne.jp/releases/40749/b_2.png

・表3
http://www.atpress.ne.jp/releases/40749/c_3.png


【ノミネート大学】
■鳥取県
 鳥取大学、鳥取環境大学
■島根県
 島根大学、島根県立大学
■岡山県
 岡山大学、岡山県立大学、岡山学院大学、岡山商科大学、岡山理科大学、環太平洋大学、吉備国際大学、くらしき作陽大学、山陽学園大学、就実大学、中国学園大学、ノートルダム清心女子大学、美作大学
■広島県
 広島大学、尾道市立大学、県立広島大学、広島市立大学、福山市立大学、比治山大学、広島経済大学、広島工業大学、広島国際学院大学、広島国際大学、広島修道大学、広島女学院大学、広島都市学園大学、広島文化学園大学、広島文教女子大学、福山大学、福山平成大学、安田女子大学
■山口県
 山口大学、下関市立大学、山口県立大学、宇部フロンティア大学、東亜大学、徳山大学、梅光学院大学、山口学芸大学、山口東京理科大学
■徳島県
 徳島大学、鳴門教育大学、四国大学、徳島文理大学
■香川県
 香川大学、四国学院大学、高松大学
■愛媛県
 愛媛大学、聖カタリナ大学、松山東雲女子大学、松山大学
■高知県
 高知大学、高知県立大学、高知工科大学

※統合や名称変更などを行った大学で、まだ在学生がいる場合や変更して間もない大学の場合は、認知率の低さなど様々な点を考慮して以前の大学名を調査対象とすることがある。


ブランド・ジャパン:国内で使用されているブランドを消費者とビジネスパーソンが評価する、日本最大のブランド評価調査プロジェクト。2001年に第1回調査を実施し、2013年で13回目を迎える。

日経BPコンサルティング:日経BP社全額出資の「調査・コンサルティング」、「企画・編集」、「制作」など、コンサルティング、コンテンツ関連のマーケティング・ソリューション提供企業。(2002年3月1日設立。資本金9,000万円)

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

表2 表3

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング