日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」【中国・四国編】全国9ブロック中で唯一、大学ブランド力トップ5を国立大学が独占 広島工業大学、ノートルダム清心女子大学などが、「ならでは」の魅力が伝わる大学に

@Press / 2013年11月22日 11時0分

表1
 株式会社日経BPコンサルティング(所在地:東京都港区、代表取締役社長:戸田 雅博)は、今年で7年目になる「大学ブランド・イメージ調査 2013-2014」の結果をまとめ、11月22日に調査結果報告書を発行・発売します。

 全国の468大学を9地域に分け、それぞれの地域に住む方に、大学に対するさまざまな評価をいただきました。本リリースは、【中国・四国編】有職者からの回答結果に関するものです。

本リリースURL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1122ubj_6/


【調査結果のポイント】
■大学ブランド力(49のブランド・イメージ項目の結果を束ねた総合スコア)
・全国9ブロック中で唯一、トップ5を国立大学が占める

■その大学「ならでは」の魅力として
・「親しみが持てる」「創造力がある」など7項目で広島工業大学が第1位
・「礼儀正しい」「語学に長けている」など、学生イメージが訴求されているノートルダム清心女子大学

大学ブランド・イメージ調査 2013-2014 URL
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/report/ub2014/

【調査結果データ】
■大学ブランド力トップ5を国立大学が独占。第1位は広島大学
 中国・四国地方の主要大学58校における「大学ブランド力」第1位は、92.1ポイントを獲得した広島大学。第2位は岡山大学(82.1ポイント)、第3位愛媛大学(63.3ポイント)、第4位徳島大学(60.4ポイント)、第5位香川大学(59.2ポイント)と続いた。私立大学では、ノートルダム清心女子大学(57.1ポイント)が最も高く第6位、岡山理科大学(56.1ポイント)、広島工業大学(55.6ポイント)が続く。公立大学で最も高いのは、県立広島大学、広島市立大学、山口県立大学で、同率18位(50.6ポイント)となった(表1)。

■「親しみが持てる」広島工業大学、「語学に長けている」ノートルダム清心女子大学
 大学のイメージについて49項目それぞれの結果を見ると、各大学「ならでは」の魅力が見えてくる(表2)。今回の調査では、大学ブランド力第6位のノートルダム清心女子大学が、「礼儀正しい、上品である」「語学に長けている」の項目で第1位を獲得。大学ブランド力第10位の広島工業大学が「親しみが持てる」「創造力がある」など、7項目で首位に立った。また、大学ブランド力第2位の岡山大学は、第1位の広島大学と10.0ポイントの差が開いたが、イメージ項目では「教育機関としてビジョンがある」「時代を切りひらいている」など将来性を感じさせる項目でトップの座を得ている。

@Press

トピックスRSS

ランキング