【新刊】『病気を治す!症状別のおくすりスープ』食の乱れが原因の病気が増えている!

@Press / 2013年11月18日 12時30分

『病気を治す!症状別のおくすりスープ』表紙
株式会社マキノ出版はこの度、新刊『病気を治す!症状別のおくすりスープ』が刊行の運びとなりましたので、ご案内いたします。


<体に不調を感じたら、まずは食事のバランスを見直す。>
 栄養素のバランスを整えることによって病気を治す栄養療法は、海外では「オーソモレキュラー療法」と呼ばれ、1960年代から研究が続けられてきました。しかし日本では、栄養で病気を治すことは軽んじられ、医師になる条件として栄養学を勉強する必要もほとんどありませんでした。

 このような状況を変革したいという願いから、2003年に、著者・溝口 徹院長は栄養療法を専門とするクリニックを日本で初めて開設。そして、日々の診療から、現代人の食の乱れは、自分が考えていたよりも深刻な状況にあることに危機感を覚えるようになりました。

 体に不調を感じたら、まずは毎日の食事を見直し、そして、本書で紹介する「おくすりスープ」を体調に合わせて摂ることをおすすめします。「おくすりスープ」はどれも栄養バランスの優れたものであり、気になる症状や病気を細胞レベルで改善します。対症療法ではなく、体をまるごと変える根治療法としての効果が期待できます。


【書籍概要】
書名  :病気を治す!症状別のおくすりスープ
著者  :溝口 徹(新宿溝口クリニック院長)
     大柳 珠美(管理栄養士)
価格  :定価880円(税込み)
ISBN  :978-4-8376-6289-1
発売日 :2013年11月15日
発行所 :株式会社マキノ出版( http://www.makino-g.jp/ )
     〒113-8560 東京都文京区湯島2-31-8
ご注文 :販売部 03-3815-2981

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング