<11月22日はいい夫婦の日> 現実は「夫からの感謝の言葉がもっと欲しい妻」約65% VS「妻に感謝を伝えられない夫」約60%! 夫婦関係をケアする「ヒビけ!感謝状メーカー」を開設~ヒビケアPresents~

@Press / 2013年11月22日 9時30分

ヒビケアPresents「ヒビけ!感謝状メーカー」
株式会社池田模範堂(本社:富山県中新川郡上市町、代表取締役社長:池田 嘉津弘、以下 池田模範堂)は、20才~59才までの全国の夫婦5,000人に対し夫婦の悩みに関するアンケート調査を実施いたしました。
その結果を元に、ひび・あかぎれ治療薬ヒビケア(R)が妻への日々(ヒビ)の感謝の気持ちを伝えることでヒビ割れてしまった夫婦関係を修復するためのツールを開発。2013年11月22日の「いい夫婦の日」より、ヒビケアPresents 妻への感謝状作成サイト「ヒビけ!感謝状メーカー」を開設いたします。

ヒビケアPresents「ヒビけ!感謝状メーカー」公式サイト
URL: http://www.kanshamaker.jp


■開設の背景・エピソード
これまで長年にわたって家事などでの手のアレやひび割れをケアすることで家庭をケアしてきた池田模範堂のヒビケアが、今回20才~59才までの全国の夫婦5,000人にアンケート調査を実施しました。
その結果、夫の約60%は妻に感謝を素直に伝えられずに日々過ごしている一方、妻の約65%が「夫に感謝の言葉を今より多く言って欲しい」と思っているという事実が明らかになりました。さらに、年齢が上がるほど、感謝されていない/感謝の言葉を伝えていないという感じる割合が増える傾向にあります。この結果から、妻はもっと感謝して欲しがっていますが、夫としては面と向かって妻へ「ありがとう」と言うのは照れくさく、なかなかそんなきっかけもないため行動に起こすことができていないという夫婦の姿が見えてきました。

<調査結果 グラフ>
Q.あなた(夫)は、普段、妻に対して感謝の言葉を伝えていますか。
Q.あなた(妻)は、普段の夫婦生活の中で、夫から、感謝の言葉を伝えられていますか
Q.あなた(妻)は、夫から感謝の言葉を今よりも言ってほしいですか。
http://www.atpress.ne.jp/releases/40769/2_2.png


そこでヒビケア企画チームでは、妻への日々(ヒビ)に感謝するきっかけをなんとか提供できないものかを考え、「感謝を伝える」という行為をわかりやすく行動につなげるきっかけとして「感謝状」というアイデアを考案いたしました。
ただし、その企画の際も多くの男性陣からは、「いきなり『感謝状を渡そう』と言われてもそもそも、どんな風に感謝状を書いたらいいかわからない。」「手紙を書くのは苦手・・」といった意見があがりました。そこで、夫婦の関係に関する簡単な質問に答えるだけで、あっと言う間に好みの感謝状ができるWebサービスに特化した「ヒビけ!感謝状メーカー」が誕生いたしました。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング