TOYOTA 86とコラボしたモデル第2弾を数量限定で発売 『CITIZEN』×『TOYOTA 86』コラボレーションモデル 第2弾

@Press / 2013年11月25日 11時0分

86IMG1
シチズン時計株式会社(本社:東京都西東京市、代表取締役社長:青柳 良太)は、トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)が販売する『TOYOTA 86』とのコラボレーションモデル第2弾を2モデル(税込¥105,000~136,500、国内数量限定 各モデル350個)、2014年1月10日より、発売いたします。
*価格、発売月共に予定です。

http://citizen.jp/toyota86/index.html


2012年、シチズンは、『TOYOTA 86』デビューにあたり、『TOYOTA 86』の持つコンセプト(クルマ本来の魅力である運転する楽しさ、所有する歓び、今の時代にあったスポーツカーの楽しみ方などを日本から世界へ発信すること)に共感。ワールドワイドに展開しているシチズン独自の技術、光発電エコ・ドライブ(※1)を駆動装置に、『TOYOTA 86』をイメージし、精悍かつスポーティなデザインに仕上げたCITIZEN×TOYOTA 86コラボレーションモデルを展開。86ファンのみならず多くの方々にご好評いただきました。
そして今回、発売から1年が過ぎ、海外ユーザーからもFRスポーツカーとしての支持を広げ、モータースポーツの分野でも活躍する『TOYOTA 86』をイメージし、1/1000秒クロノグラフ機能やワールドタイム機能を搭載。軽量化のためステンレスより約40%軽いチタニウムをケース・バンドに採用し、精悍かつスポーティなデザインに仕上げたコラボレーションモデル第2弾が、国内数量限定モデルとして登場します。


『CITIZEN』と『TOYOTA』のメイド・イン・ジャパンスピリットが融合した国内数量限定モデルです。シチズン独自の光発電エコ・ドライブ機能に1/1000秒クロノグラフ機能やワールドタイム機能とグローバルな『TOYOTA 86』のエッセンスを随所に盛り込み施した文字板やケースなど、コラボレーションならではの特別仕様です。


【TOYOTA 86】とは
『TOYOTA 86』は今一度、クルマの夢や楽しさをお客様に提供したいというトヨタ自動車株式会社と富士重工業株式会社の思いが一致し、ドライバーの感覚ひとつでいかようにも取り回せる“手の内感”や操る楽しさを体感出来る「直感ハンドリングFR」をコンセプトに共同開発されたスポーツカーです。


■1/1000秒を計測可能なクロノグラフやワールドタイムなど多彩な機能を搭載
クロノグラフ計測は、1/1000秒単位で計測することが出来ます。デジタル部で1/1000秒単位までの表示を行い、12時位置のサブダイヤル内にある2本の小針で1/10及び1/100秒、10時位置のサブダイヤル内で1/1秒の指針を行います。
また、ラップを記録出来る「レースモード」があり、予めコース長を入力しておくことにより、最速などのラップ速度を表示・記録することが出来ます。さらに「メモモード」(前回計測の記録を呼び出す機能)も搭載しています。
そして、液晶表示部では、ワールドタイム(43都市+UTC)、アラーム、タイマー機能を切り替え表示。暗がりでの視認性を考慮し、バックライトには赤色LEDを採用しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング