クラウド型アプリ開発プラットフォーム『applican』の正式版リリース及び『appC cloud』連携開始のお知らせ

@Press / 2013年11月20日 17時0分

アプリカンのサイト
 株式会社ニューフォリア(代表取締役社長:多田 周平 本社:東京都渋谷区)は、2013年11月20日より、スマートフォンやタブレット向けのアプリ開発を高速化する、クラウド型アプリ開発プラットフォーム『applican』(アプリカン)の正式版の提供を開始します。

 アプリカンは、アプリ開発の経験がないウェブデザイナーやディベロッパーであっても簡単にアプリ作成が可能になるサービスです。HTML5をはじめとしたウェブ技術をベースとした、ワンソース・マルチプラットフォームのサービスで、これまでウェブデザイナーやディベロッパーが培ってきたスキルだけで、iOSやAndroid対応アプリを同時に開発できます。これにより開発期間が劇的に短縮され、大幅なコストの削減ができます。

クラウド型アプリ開発プラットフォーム『applican』
http://www.applican.com/


 今回リリースした正式版では、3ヶ月間のβ版提供期間を経て、さらなる機能拡充を行い、iOS 7、Android 4.4にも対応。様々なアプリ開発に対応できるようになりました。アプリ内に広告が表示される代わりに全て無料で利用することができる「無料プラン」と、iOS、Android向けアプリをストア公開向けに同時ビルドした際に10万円のビルド料が発生する「アドバンスプラン」の2つの料金プランを用意しています。

 正式版提供後も、会員登録、プロジェクト管理画面の利用、開発用のデバッグビルド、開発支援アプリ“アプリカンシミュレーター”の利用など、アプリ開発に必要な機能は全て無料でご利用頂けます。


 アプリカンは、正式版のリリースに伴い、カイト株式会社(代表取締役:後藤 崇 本社:東京都港区)が提供するアプリ向け成果報酬型CPI広告ネットワーク『appC cloud』(アプシークラウド)との連携を開始します。
 appC cloudは、国内最大の6,500本以上のアプリネットワークを持ち、1インストールあたり最大350円の報酬を得ることができる、MBaaSの機能を持ち合わせたADネットワークです。
 アプリカンでは、appC cloudと連携したアプリをクラウド上で生成できるようになりました。SDKの組み込み開発などを行うことなく、ウェブの知識だけで広告での収益化が可能なアプリを簡単に作ることができるようになります。


 アプリカンは、今後も様々なパートナーシップやOEM提供などを検討していきます。


【株式会社ニューフォリアについて】
 ニューフォリア( http://www.newphoria.co.jp/ )は、HTML5を活用したウェブ技術や先進的なUI/UXデザインを得意とする企業です。
 スマートフォンをはじめとするモバイル端末と車載器やテレビ端末、デジタルサイネージなど、デバイスを連携させたマルチデバイス向けサービスを開発しています。


【カイト株式会社について】
 カイト( http://cayto.jp/ )は、“開発者をハッピーにする”という基軸からブレずに、『appC cloud』( https://app-c.net/ )と『giveApp』( http://android.giveapp.jp/ )の2つの事業を展開しています。
appC cloudのクラウドサービスは、国内初のMBaaSの機能を持ち合わせたADネットワークで、アプリ開発者の収益、集客、費用削減をバランスよくサポートしております。

*記載されている内容は、発表日時点の情報です。予告なく内容の変更がある場合がございます。あらかじめご了承下さい。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

アプシークラウドのサイト

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング