“ペットの遺骨をダイヤモンドに”アルゴダンザ社、ペット用の新ブランド「センペル・フィデス」を発表

@Press / 2013年11月25日 9時30分

カラーバリエーション
遺骨からダイヤモンドを制作するスイスのアルゴダンザ社の日本法人、有限会社アルゴダンザ・ジャパン(所在地:静岡県静岡市、代表取締役:法月 雅喜)は、新たにペットの遺骨からダイヤモンドを制作するブランド「センペル・フィデス」を発表しました。

詳細ページ
http://www.semperfides.jp/


■ペットの遺骨からダイヤモンド
スイスのアルゴダンザ社は2004年に設立され、大切な人を亡くしたご家族のために、遺骨の成分のみを使用したメモリアル・ダイヤモンドを製作しており、2013年現在、そのサービスは30か国以上に及び、今までに3,000件以上のご依頼を受けて来ています。
そのアルゴダンザ社には「ぜひペットの遺骨からも制作してほしい」という強いご希望の声が多く寄せられており、このたび、その声に応える形で、ペットの遺骨から製作するメモリアル・ダイヤモンドの提供を開始する事になりました。
このサービスのために、アルゴダンザ社は、ペットの遺骨ダイヤモンドの専門子会社「センペル・フィデス」をドイツに設立。人間の場合と全く同じ炭素抽出技術を使用したペット専用の製造設備を用意し、ペット向けサービスを開始いたしました。
これに伴い、アルゴダンザ社の日本法人、有限会社アルゴダンザ・ジャパンも「センペル・フィデス:ペットの遺骨からダイヤモンド」のサービスの日本での紹介を開始いたしました。
これにより、大切なご家族のメンバーであるペットを亡くした皆様にも、安心してメモリアル・ダイヤモンドを依頼していただくことが出来る、と同社は述べています。
製作費用は0.2カラットで348,000円から。


■ペットの遺骨からダイヤモンドを作るということ
大切なペットを亡くした後の悲しみや、戸惑いの中で、人は亡くなったペットとの新しいつながりの形を求めています。「センペル・フィデス」は、大切なパートナーの遺骨や毛から制作するダイヤモンドが、飼い主とペットのゆるぎない絆を象徴するようなメモリアルになってくれるのではないかと信じています。そしてそれが遺された者の辛い気持ちを少しでも癒やすお手伝いになれば幸いです。
「センペル・フィデス」とはラテン語で「永遠の約束」の事。もうここには居なくても、今なお心を温めてくれるパートナーとの記憶をダイヤモンドの永遠の輝きの中に留めませんか。


■センペル・フィデスの特徴
・ペットの遺骨成分のみを使用したダイヤモンド製作が可能(既定の遺骨量が必要)
・美しいイエロー、レッド、グリーン、ブルーから色を選ぶことが出来る
・日本での受け入れ、ヨーロッパでの製造体制共に、人の遺骨とペットの遺骨は完全分離されており、安心。


■『センペル・フィデス』オフィシャルサイト
http://www.semperfides.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

永遠の約束ケース入りダイヤモンド黄色のバリエーション

@Press

トピックスRSS

ランキング