禁煙の次は、“禁・座りっぱなし”!北欧では当たり前の「スタンディング・スタイルのデスク」が世界的にブーム 国内でも「Sit&Stand(R)デスク」の販売数が、対前年比140%で推移中!

@Press / 2013年11月26日 16時30分

利用シーン イメージ
オフィスのトータルインテリアデザインや内装工事、設計施工などを手がける株式会社スカンジナビアン モダン(本社:東京都港区麻布台1-9-5 Tokuiビル1F、代表取締役:岡部 登紀子)は、スウェーデン生まれで、高さの調整が可能な電動昇降デスク“スタンディング・スタイルのデスク”である「Sit&Stand(R)デスク」を2002年から国内唯一の販売総代理店として、外資系企業やスウェーデン大使館、国立・私立大学の教授、IT関連企業などに販売してきました。いわば“スタンディング・スタイルのデスク”の国内販売の草分け的存在です。

IT先進国スウェーデンをはじめ、北欧のオフィスでは“当たり前”となっているスタンディング・スタイルのデスクは、座ったり、立ったり、その時の気分に合わせて自由にデスクの高さをボタンひとつで調整できる高機能デスク。昇降可能なデスクにより常に仕事の姿勢を選べるので、腰痛や肩こりの軽減、生産性の向上などにつながる現代の画期的なオフィス・インフラとなっています。

スタンディング・スタイルのデスクは、ノーベル文学賞を受賞した文豪 アーネスト・へミングウェイや、第3代アメリカ合衆国大統領 トーマス・ジェファーソンなども愛用していたと言われています。最近では米国・シリコンバレーを中心に、有名な大手IT企業のクリエイターなどにも愛用され、世界的にもブームになってきています。

「喫煙を続けると寿命を縮める」のと同様に、「座りっぱなしは寿命を縮める」として世界の人々に意識されているのです。

<利用シーン イメージ>
http://www.atpress.ne.jp/releases/41006/a_1.jpg


【「Sit&Stand(R)デスク」の5大メリット】
1.ダイエットや健康維持に
「エコノミー症候群」という言葉もあるように、“座りっぱなし”は健康にダメージを与え、寿命も縮めるとされています。適度に立つことで健康被害から免れることが人間工学的な点からも実証されています。パソコンの前で長時間座ったまま仕事をしているヘビーワーカーなどに多い<目の疲れ・肩こり・頭痛・腰痛・ストレートネック>などの症状が軽減。実際に導入した企業からは腰痛などの痛みが減少したという多くの報告が寄せられています。立つことで、座り続けている時よりもカロリーを消費でき、脂肪も燃焼できます。ランチ後の30分は毎日立って仕事をするなど、食後の簡単なエクササイズも習慣化しやすくなります。

@Press

トピックスRSS

ランキング