めがねのまち鯖江のメガネ修理会社、その技術を活かし腕時計の金属製ベルト溶接修理サービスを提供 ~ 年間実績4,000本以上 時計修理のパイオニアに ~

@Press / 2014年1月9日 10時30分

カルティエ サントス
 メガネ修理を主事業とする株式会社リペア(本社:福井県鯖江市、代表取締役:戸祭 宏樹)は、その技術を活かし、腕時計の業界では交換が常識となっている腕時計の金属製ベルトを修理する「金属製ベルト溶接修理」サービスを提供しております。

時計ベルト溶接修理サービス 詳細: http://www.mottainai-honpo.jp/


【提供の背景 ~ メガネ修理技術を活かし腕時計ベルト修理事業を開始 ~】
 当社は創業以来、メガネ修理事業を行っておりますが、近年お客様から「時計も修理したいんだけど、できる?」というお問い合わせが増えてまいりました。
 腕時計市場では機械の修理は出来るものの、ベルトの修理という概念がなく、新品に交換する対応が基本です。しかし、ブランド物のベルト交換はかなり高額になり、修理をせずにタンスの中に壊れたまま放置されているケースも多くあることが伺えました。
 そこで当社では、メガネ修理を通じて蓄積されたノウハウをもとに、腕時計の金属製ベルトの溶接修理が可能となる、「金属製ベルト溶接修理」サービスを開始いたしました。
 当社は時計の正規代理店ではありませんが、現在国家資格の時計修理技能士が5名在籍。安心の技術を元に、お客様と共に時を刻む大切な時計を末永く使っていただくため、本サービスを提供しております。


【「金属製ベルト溶接修理」サービス概要】
<特長>
・腕時計の風合いの統一を保つ修理
 従来、ベルトが壊れた際はベルトを新品のものに交換するのが基本であり、文字盤やケース部分の風合いとのバランスが悪くなってしまうという問題がございました。しかし、本サービスでは、ケース部分の細かな傷やベルトにつながる傷、思い出の傷等を残し、腕時計全体の風合いの統一を保ちます。

・溶接跡の残らない修理
 創業以来提供しているメガネ修理の精巧技術を活かして溶接修理を行うため、溶接跡がほとんど残らないように修理することが可能です。

・新品のベルト購入よりお安い修理
 新品のベルトを購入する場合、一般的にメーカー小売価格は時計価格の30%の値段になるため、高級腕時計はベルトのみでも高額になります。しかし、本サービスは、¥13,000~修理が可能です。

<価格(税別)>
・ベルト溶接修理            :13,000円~
 (ブランドや修理内容等により変動します)
・ベルトピン・ネジ取り付け(ネジ抜き含む):5,000円~
・コマ新規作成             :30,000円~
※すべてのベルト修理にはベルト洗浄、DSコーティング処理を施します。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング