東急スノーリゾート×ファミスキ応援委員会 雪育プロジェクト2014~雪は子供の“心”と“体”を育みます~

@Press / 2013年11月26日 10時30分

画像1
日本全国に10のスノーリゾートを展開する「東急スノーリゾート」とファミリースキーを推奨する「ファミスキ応援委員会」は、スキーやスノーボード、雪遊びなどの体験を通じて、子供のココロとカラダの成長を促す「雪育プロジェクト2014」を展開します。


<イメージ画像>
http://www.atpress.ne.jp/releases/41018/1_1.jpg
http://www.atpress.ne.jp/releases/41018/2_2.jpg


■雪育プロジェクトとは
ゲームやおもちゃがあふれる現代、子供たちが屋外で遊ぶ時間はどんどん短くなっています。しかし、自然の中で体を動かすことは心身の穏やかな成長にはもちろん、脳の活性化にも有効です。それは、大自然“スノーリゾート”であれば、なおさら。都会ではなかなか体験できない“雪”に触れる機会を創出することで、子供たちのココロとカラダを育てよう!それが“雪育”の考え方です。
東急スノーリゾートとファミスキ応援委員会では“雪育プロジェクト”と称して、雪と戯れる楽しさ、ウインタースポーツの魅力、そして、スノーリゾートのすばらしさをお伝えしていきます。


■ファミリースキーヤー 八代英輝氏がファミスキ応援団 団長に就任!
八代英輝弁護士: http://www.atpress.ne.jp/releases/41018/3_3.jpg

ファミスキ応援委員会に強力な応援団長が就任いたしました。毎年、年末年始は家族でスキーに行くこと(ファミリースキー)が恒例行事となっており、自らもファミリースキーヤーで“雪育”を体現している八代英輝氏が、ファミスキ応援団 団長に就任いたしました。
2013年11月20日(水)の「雪育シンポジウム」ではご自身のエピソードやご意見を語っていただきました。


■「雪育プロジェクト2014」コンテンツのご紹介
「雪育プロジェクト2014」では“雪育”をより多くの方に体験いただき、知っていただくために、様々なコンテンツを開催予定です。

・雪育シンポジウム
“雪”に触れる機会を創出することで「子供たちのココロとカラダを育てよう」という“雪育”への理解を深めていただく場としてシンポジウムを11月20日(水)に開催しました。これまで曖昧なイメージのまま使われてきた“雪育”という言葉ですが、今回は、東京成徳大学 応用心理学部の石崎一記教授の基調講演や、自らもファミリースキーヤーであり“雪育”を体現している八代英輝弁護士を交えたパネルディスカッションを通じ、“雪育”の考え方を明確なものにしました。

@Press

トピックスRSS

ランキング